ペット

2014年10月17日 (金)

愛犬への狂犬病の予防注射が見直されるかも!

総務省は、効果が乏しいと思われる規制の見直しについて検討するよう各省庁に勧告しました(10月14日)。

その中に、狂犬病の予防接種についても含まれています。

2匹のイタグレと生活をともにしている私にとっても興味ある内容です。

狂犬病の予防接種は生後91日以上の犬は毎年1回、4~6月に予防注射を受ける義務が法律で定められており(罰則あり)、この制度は1985年から変わっていません。

しかし、この予防接種、毎年実施する必要があるのか、4~6月に実施する必要があるのか総務省が疑問を投げかけたのです。

実はワクチンによっては効果が1年以上持続するワクチンがあるそうです(後述します)。

また、4~6月の実施時期についても、体調が悪い場合は接種できない場合もあるため、総務省は厚労省に注射の時期や頻度の見直しを求めまています。

狂犬病の予防接種については、私も疑問を持っていました。

というのも、先進諸国の中には予防接種を受けるのは任意であり義務化していない国も多数あります。

中には逆に法律で予防注射を禁止している国もある位です。

イギリス、アイスランド、北欧諸国は任意接種、オーストラリア、ニュージーランドはワクチンの副作用で犬が死ぬのを防止するため狂犬病の予防注射は法律で禁止されているようです。

これらの国は、いずれも狂犬病が発生してない国であり、実は日本も1956年以来、約58年間も発生していません。

でも、未だ日本は毎年1回、4~6月に予防接種を受けることを法律で義務づけているのです。

では、狂犬病が根絶されていないアメリカではどうでしょうか。

実は、日本と同様、予防接種は義務付けされています。

しかし、毎年ではありません。

3年に1回の頻度でよいとなっています。

AAHA(米国動物病院協会)の犬のワクチンのガイドラインによれば、狂犬病菌を死滅させた不活化ワクチは、接種後3年はワクチンとしての効力は持続するとしています。

この結果から、3年に1回の頻度で良いとなっているのです。

さらに、感染力を弱めた生きた病原菌を使う生ワクチンである混合ワクチンは接種後7年は効力が持続するようです。

毎年予防注射するのは、愛犬家に経済的負担を無駄に強いるだけでなく、犬をワクチンの副作用で殺す可能性が高くなります。

その負担や危険をできるだけ少なくするため、このようなルールになっているのでしょう。

今回の総務省の勧告自体に強制力はありません。

しかし、勧告を受けた厚生労働省には、狂犬病予防注射の市場の関係者の圧力に屈せず、時代遅れの法律の見直しに真剣に着手してもらいたいものです。

|

2014年6月29日 (日)

多頭飼いの方におすすめのペットシーツ

我が家には2匹のイタグレがいます。

おしっこの回数も多く、ペットシーツを頻繁に取り換えなくてはなりません。

多頭飼いの皆さんも同じ状況なのではないかと思います。

これから紹介するペットシーツは、届いたときはあまりに薄いので、本当に大丈夫だろうかと思いましたが、吸水力が高く、しっかりと吸収してくれます。

ホームページによれば、おしっこ3回分の150㏄を吸収するそう。

今までは、一回使い捨てタイプを使ってましたが、これならば2~3回は大丈夫そうです。

この位吸ってくれれば安心ですし、逆に薄いことが省スペースにつながりますので、狭い我が家にとっては大助かりです。

また、吸収も早くあまり広がりませんので、ワンちゃんが誤って踏んでしまっても、床が濡れ、足跡だらけになることも減りました。

更にいいところが、シーツの色がホワイトだということ。

今まで使っていたシーツはブルー系の色で、おしっこの色をチェックすることは困難でしたが、このシーツはホワイトですので、部屋が明るくなると同時に、犬の健康チェックもできます。

今までの一回使い捨てタイプよりも価格がやすく、さらに枚数も多く入っているので、コストパフォーマンスはとてもいいです。

欲を言えば、更なる品質改良を進めていただき、活性炭等を配合して、においも閉じ込てもらえると最高かも。

このシーツ、多頭飼いの方にお勧めです。

こちらでどうぞ。

【送料無料】プロミクロス特製うす型ペットシーツレギュラー880枚 【※同梱不可※】【開店セー...

|

2012年6月28日 (木)

泉佐野市「犬税」導入検討

大阪府泉佐野市で「犬税」導入を検討しています。

千代松市長によると、放置された犬のふん害対策として早ければ2年後にも条例を制定し導入するようです。

市では平成18年に施行した市環境美化推進条例で、飼い犬などのふんを放置することを禁じ、今年1月からは、違反者から千円を徴収すると定めていました(徴収例はなし)。

しかし、ふんの放置はおさまらず、市民からの苦情も続いているため、今後、市民への啓発や取り締まりを強化し、改善されない場合は犬税を導入し、清掃や見回りを行う巡視員の人件費にあてることを検討しているとのことです。

市には現在約5375匹の飼い犬が登録されています。

導入されることとなる犬税は、人件費の必要額などから税額を決め、狂犬病ワクチンの予防接種の際、同時に徴収する方法などを検討しているとのこと。

犬税は法定外税で、自治体が独自に条例を定め、総務大臣が同意すれば導入することができます。

総務省によると、犬の飼い主への課税は昭和30年には2686自治体が実施していたそうですが徐々に減少し、57年3月に長野県四賀村(現松本市)が取りやめたのを最後になくなっていました。

千代松市長は

「街がきれいになることが一番なので、改善されれば導入しない。飼い猫については、美化条例改正などで罰則強化を検討する」

と述べています。

結局は飼い主のモラルが向上しなければ、飼い主全てが税負担を負うということです。

きちんと処理している住民にはいい迷惑ですよね。

逆に導入した後、「犬税を払っているんだからそれで雇われた清掃員が掃除すればいい。」などと屁理屈をこね、さらにフン害が増える可能性もありますよね。

この「犬税」が、全国に拡散しないことを祈ります・・・

|

2012年6月 1日 (金)

動物愛護法改正案まとまる—民主党

民主党の動物愛護対策ワーキングチームは、生後56日未満の子犬・子猫の販売禁止や自治体がペット業者などから犬猫の引き取りを求められた際、理由や状況を判断して拒否できる規定などを盛り込んだ動物愛護法の改正案をまとめました。

専門家から、

「子犬・子猫を親から引き離す時期が早過ぎると吠えたり、噛んだりなどの問題行動が起こりやすくなる」

と指摘されており、これを踏まえ、欧米などに倣い生後56日未満の販売禁止を打ち出しています。

また、2010年度の犬猫の引き取り数は24万9474匹、殺処分されたのは20万4693匹にのぼっている状況を改善するため、現行法の「所有者から求められた時は、自治体は引き取らなければならない」という引き取り義務規定を改正することにしました。

どのように改正するかというと、十分な理由がない場合や業者などが譲渡先を探す努力をしていないと判断した場合、自治体側が拒否できる”拒否権”を発動できるようにするとのことです。

具体的な拒否権の判断基準は、自治体が条例で決める方向です。

今国会での議員立法での成立を目指しています。

少しでも殺処分されるペットが少なくなることを願います。

|

2012年5月14日 (月)

愛犬のダイエットに・・・犬専用歩数計

我が家のイタグレ君(兄)は6Kg近くあり、少し肥満気味。

イタグレ君(弟)は4kg台なので、上から見下ろすと、胴回りがボンレスハムとウインナーのように違って見えます。(笑)

それもそのはず、イタグレ君(兄)は、大の運動嫌い。

散歩に出ても、10分と持ちません。

たまに室内でボールを追いかけますが、これも5分もすれば見向きもしなくなります。

一日のほとんどを暖かいベットで寝て過ごしています。。。

でも、ご飯の時間だけは正確で、時間になるとお茶何の前で

”ワン、ワン!!”

と吠え、ご飯を催促します。

太ってきているのでご飯の量を減らすと、

”ワン、ワン!!!”

と吠え、ご飯が足りないと催促し、イタグレ君(弟)の分まで奪おうとするので、ホント困ったものです。

こんな生活をしていれば、それは太りますよね。

そんな中、新聞記事に犬専用の歩数計が秋に発売されると出ていました。

製造メーカーは富士通。

富士通からペット専用の歩数計が発売されるなんて、何かイメージが違いますが、一流企業の製品なんで安心できるかな。

その歩数計の名は「ワンダント」。

センサーで動きを感知し、歩くときは前の片脚が、走るときは両脚が浮いて着地するまでを1歩と数え、犬種や脚の長さを登録すると、より正確に計測できるようです。

記録できる量は、1時間ごとの歩数を2週間分。

「おサイフケータイ」機能付きのスマートフォンを近づければそのデータを取り込める便利さです。

サイズは長さ5センチ、幅3センチで重さ20グラム。

ボタン電池で4カ月以上使用可能。

その場の気温と、犬がぶるぶるっと震える回数も記録します。

犬の「ぶるぶる」はストレスで緊張した状態を表すと言われていますから、緊張状態の把握ができます。

さらに、食事量やうんちの回数も記録可能。

これだけの情報が管理できれば愛犬の健康管理に役立ちますね。

我が家のイタグレ君(兄)にも試してみようかな?

きっと、1日数千歩程度しか歩いていないでしょう・・・(泣)

|

2012年2月23日 (木)

イタグレ(兄)が歯周病に!

少し前から、我が家のイタグレ(兄)が前歯をかばうような仕草を見せていました。

確認すると歯茎が赤くなって炎症を起こしています。

まさか、また歯周病!!

そうです。

実は、過去にも歯周病を経験し、全身麻酔での抜歯と歯石取りを経験しているのです。

その後、注意はしていたつもりなんですが、だんだんとおろそかになっていました。

あわてて、歯科治療にも力を入れている、前回もお世話になった動物病院へ行きました。

診察の結果、今回も外科的措置は必須とのこと(泣)

犬の歯石除去や抜歯は全身麻酔ですので、かなり体に負担をかけます。

ところが手術前検査を実施したところ、血液検査でアルブミンという数値に異常が見つかり、麻酔に絶えられない可能性があるとのこと。

まずはそちらの原因究明と治療を目指すことになりました。

イタグレ(兄)は既に7歳、いろいろ老化現象が出てきているのでしょうか?

さて、今回は前回の歯科治療の経験を紹介しようと思います。

実は現在の動物病院にお世話になるまで2〜3件の動物病院に診ていただきました。

前回の症状は、口臭がかなりひどく、出血があり、前歯から犬歯にかけてほとんどの歯がグラグラで、今回よりはかなりひどい状態。

病院の先生には

「なんでここまで放置しておいたの?」

叱られる始末。

なので即座に抜歯かと思っていましたが、基本的には自然に抜けるまで放置との診断。

「えっ!!こんなに痛がっているのに?」

一気に病院への不振感が高まりました(飼い主の責任も痛感しております)。

ネットで調べると、そのような診断をする動物病院も多いとのこと。

そこでさらにネットで調べ、歯科治療を得意としている動物病院を発見!!

車でも2時間以上かかるかなり遠い病院ですが、イタグレ(兄)のためにはなんのその。

その病院に問い合わせると、対応が非常によく、聞き取りだけでもかなり症状が進行していると思われるため、即座に手術になる可能性があるとのこと。

安易に考えていましたが、歯周病はほうっておくと菌が全身をまわり、心臓や腎臓、はては肝臓や肺にまで入り込んで内臓を蝕んでいく危険な病気なんだそうで す。

指定された日に病院にいくと、一見するなりすぐに外科的処置が必要との診断。

既に、手術の準備もしてくださっていたので、手術前の検査を行いそのまま手術開始。

10数本もの抜歯が必要かもしれないとのことで、ここでも飼い主の責任を痛感!!

待つこと数時間、手術は無事終了!

手術室から出てきたイタグレ(兄)を見たとたん、涙がこみ上げてきます。

ゴメンな。イタグレ(兄)。

手術後、歯の様子を見ると、犬歯は残っていますが、前歯のほとんどが無くなっています。

残った歯は、歯石が無くなり表面が研磨されているため真っ白。

口臭もまったく無い。

今まで犬の口臭は当たり前だと思っていたのですが、先生によれば、口腔内が健康であれば、本来は匂いはなく無臭なのだそうです。

歯の色も本来人間のものよりずっと真っ白で、黄ばんでいたり、茶色っぽいというのは、すでに歯垢や歯石がついているからだそうです。

そして、忘れがちなのが歯肉の色。

健康であれば普通はピンク色なんだそうです。

これが赤みがかっている、紫色っぽい、血が滲んでいる、膿が出ている、というような場合は歯周病の疑いがあるとのこと。

手術をしてくださった先生に感謝!!

そして、イタグレ(兄)ゴメンなさい

3歳以上の成犬の約80%が歯周病をもっているそうです。

犬を飼っている方、歯の色、口臭、歯肉の色を定期的にチェックして、健康な歯を保てるようにケアをしてあげましょう。

最後に、ペット保険に入っていたのですが、私が加入している保険では

”歯周病を含む歯科治療全ては保障対象外”

との事実が判明。

こちらでも涙がこみ上げてきました・・・(泣)

|

2012年2月 9日 (木)

人気犬種ランキング

ペット保険大手のアニコム損害保険株式会社は、同損保のペット保険「どうぶつ健保」に2011年中に加入した0歳の犬(87,268頭)を対象に「人気犬種ランキング」の集計を行いました。

その結果は以下のとおりです。

我が家の愛犬、イタグレも30位までにはランクインしていました。

1位 トイ・プードル[3連覇達成!]
2位 チワワ
3位 ミニチュア・ダックスフンド
4位 混血犬 (体重10kg未満)
5位 柴犬
6位 ポメラニアン
7位 ヨークシャー・テリア
8位 ミニチュア・シュナウザー
9位 シー・ズー
10位 フレンチ・ブルドッグ
11位 マルチーズ
12位 パピヨン
13位 ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
14位 ダックスフンド
15位 ゴールデン・レトリーバー
16位 パグ
17位 ジャック・ラッセル・テリア
18位 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
19位 ラブラドール・レトリーバー
20位 ミニチュア・ピンシャー
21位 ペキニーズ
22位 ビーグル
23位 シェットランド・シープドッグ
24位 ボーダー・コリー
25位 バーニーズ・マウンテン・ドッグ
26位 ボストン・テリア
27位 アメリカン・コッカー・スパニエル、
    イタリアン・グレーハウンド
29位 ブルドッグ
30位 ビション・フリーゼ

|

2011年7月21日 (木)

ペット販売規制  環境省が方針

環境省の中央環境審議会小委員会は、ペットをインターネットなどで販売する際、業者と飼い主に現物確認や対面での説明を義務づけるなど、業者による動物の販売や取り扱いに対する規制を一部強化する方針を固めました。

この方針が実施されれば、ネットのみの取引は禁止されることになります。

同省は今後、パブリックコメントなどを経て動物愛護管理法の改正案を早ければ来年の通常国会に提出し成立を目指す方針とのことです。

この背景には、

「子犬を購入したら数日で死んでしまった」

「ペットが届いてまもなく、事前に説明を受けていなかった病気を持っていることが分かった」

といったトラブルが相次いでいるという事情があるようです。

また、小委員会ではペットに与えるストレスを考慮し、午後8時以降に販売目的で店頭展示することも禁止することとしています。

環境省の調査では、ペットの購入先としてネットを含む通信販売やネットオークションを挙げた人は近年、5〜7%に上るとのこと。

委員会では

「飼い主がペットと一度も対面せずに販売する方法は、ペットの特性が伝わらず問題」

と指摘し、感染症拡大などの問題を回避する視点からも、現物確認と対面説明を求めています。

特にネットオークションでは、出品者が動物取扱業の登録業者かどうかの確認が難しい現状を踏まえ、同法に基づく動物取扱業と明確に位置付け、それを確認できる仕組みづくりが必要としています。

つまり、市場の透明性確保を図っているわけです。

さらに遺伝性疾患などに対応するため、個体識別による追跡を可能にするようにも求めたものとなっています。

高齢の犬や猫などを世話する「老犬・老猫ホーム」というものがありますが、この業者も動物取扱業者と位置づけ、規制対象としています。

このほか、成長後にほえたりかんだりする問題行動を防ぐため、生まれてから一定期間に達しないペットを親から離して販売することも禁止するよう求めています。

禁止期間については、国内の業界は45日間を主張していますが、海外では56日間の事例もあり意見が分かれたため結論は先送りとなっています。

また、母体への影響を懸念し、出産回数に制限を設けることでも一致、具体的な回数は今後協議するとのことです。

今後、違反した場合の罰則などについても、さらに検討を進めることにしているとのことです。

|

2011年3月28日 (月)

ペットも一緒に避難 取組み例

以前、防災訓練時のマンション住民の意見や中越地震での例を「ペットと災害」という題で紹介させていただきました。


3月26日付けの読売新聞の夕刊で、今回の東北地方太平洋沖地震の避難所の取組が紹介されていました。

これも、新潟県の取り組み例で中越地震の経験を生かしたものとなっています。

中越地震の際は、ペット連れでは迷惑だろうと避難所に行かず、車で長期間生活した被災者が、エコノミー症候群でなくなるケースがあったそうです。

そこで、新潟県と新潟市、県獣医師会、県動物愛護協会は

「動物救済本部」

を設置したとのことです。

避難所に

「ペット専用スペース」

を設置したり、

「医師が巡回し健康相談」

を行ったりしているそうです。

ペットを飼っている方にはとても嬉しい、そしてありがたい対応ですよね?

さらに、新潟市西区にある西総合スポーツセンターでは、避難者が暮らす体育館とは別棟の屋内ゲートボール場をペット用に開放し、1匹ごとケージに入れているとのことです。

当然、ペットと一緒の避難となりますので、人間用の避難所に入る場合には服についている毛を落とすなどの一定のルールはあります。

しかし、このような取り組みは、本当に飼い主の不安を受け止めていただいていると思います。

後は、このような避難施設が何処のあるのかという情報がもっと広く周知できれば、ペットに関するトラブルも減ってくるのかもしれません。

|

2011年3月 9日 (水)

税金にまつわる話-ペットの医療費-

ペットブームの昨今、ペットはまさに家族の一員という方も多いことと思います。

生類憐みの令で有名な5代将軍、徳川綱吉の時代には、

「犬金上納」

といって、農民から高百石につき1石、町民から間口1間につき金3分の特別税が徴収されていました。

その特別税で得られた税収で、野犬を収容する施設を作りました。

飼料も白米、味噌、干鰯と立派なものを与えていたようです。

この犬を養うのに1年間で約10万両もかかったといわれています。

当時幕府に入ってくる税金は年間で約80万両でしたから、10万両の経費というのは大金ですよね。

犬にまつわる税としては、昭和30年頃に、全国の約2700自治体が、「犬税」を徴収していました。

聞きなれない税金ですが、法律によらずに市町村が自治大臣(現総務大臣)の許可を受けて設けることができる「法定外普通税」の一つです。

この「犬税」は昭和57年、長野県の四賀村を最後になくなりました。

ちなみに長野県四賀村では、4月1日現在で生後3ヶ月以上の犬を飼っている場合に1頭につき年300円の税金をかけていたそうです。

さて、本題ですが、家族の一員であるペットが病気になった時にかかる医療費は高額ですよね。

健康保険が利きませんから当然といえば当然ですが、一回の診察に1万円以上なんてこともざらで、手術ともなると数十万円の費用を覚悟しなければなりません。

負担が大きいため、ペットにかかった医療費も医療費控除の対象にならないものかと考えてしまうのも人間の心理でしょう。

しかし税法では、

「居住者が、各年において、自己又は自己と生計を一にする配偶者その他の親族に係る医療費を支払つた場合において・・・(略)・・・」

となっています。

親族とは、民法でいう6親等内の血族および3親等内の姻族です。

ですので、ペットは

「その他の親族」

ではないので対象にはなりません。

一方、気になるニュースを発見しました。

米国ミシガン州のマコッター下院議員(共和党)が、ペットが適切な医療を受けられるように、飼い主に年最大3500ドル(約33万円)の医療費の所得控除を認める法案を提案したというニュースです。

「人間とペットが長期間にわたり、共生できるようにする」という意味の法案の頭文字をとり、通称「HAPPY法案」と呼ばれているようです。

控除の対象になるのは、米国内で合法的に飼育されているペットが動物病院で受ける病気やけがの治療などの費用です。

この提案は、2009年ということなのでオバマ政権になってからということになります。

近年アニマル・セラピーにも注目が集っていますので、人間の病気の治療にも効果が期待できるといわれていることから、飼い主の病気の治療のために飼いはじめたペットについては、そのペットの医療費控除について検討するのも面白いかもしれませんね。

|