パソコン・インターネット

2014年8月 9日 (土)

ターミネーターの世界がすぐそこまで!

米IBMが、人間の脳と同じように同時並行で情報を処理することができるコンピューターチップを開発しました。

開発したチップは、2センチ角に100万個の素子が入っているそうで、脳の神経細胞と同じように外部からの刺激に変化してネットワークを形成し、情報の処理を進めていくそうです。

つまり、入力に応じてデータの流れ方が変わり、チップ内にある素子がネットワークを構成してデータの処理を進めるというのです。

従来のコンピューター(「ノイマン型」というらしい。)は、プログラムを読み込んで決められた手順で一つずつデータを処理していますが、開発したチップはプログラムが不要で多くの素子が分散して同時にデータを処理できます。

さらに、データを与えれば与えるほど学習していき、認識機能がどんどん向上するそうです。

このチップは、人間のような思考や創造はできないが、脳のような画像や音声の識別を、大規模なコンピューターを使わずにできるようになるといいます。

これが実用化すれば、家電や自動車、ロボットなどに組み込んで、大量の画像や音声の中から特定の顔や声を識別したり、ビッグデータから目的の情報を精度良く見つけたりできるようになります。

この開発には既に100億円が投じられ、今後はロボットにチップを組み込み、猫程度の情報処理能力を実現することが目標とのこと。

私はこのニュースを見て、映画「ターミネーター」に登場するコンピューター、スカイネットが稼動と同時に猛烈なスピードで学習を開始し、ついには自我に目覚め、人間狩りを開始する・・・

そんなシーンを思い浮かべてしまいました。

あくまで映画の世界の話ではありますが、技術の進歩は制御できる範囲でお願いしたいものです。

|

2014年6月30日 (月)

「常確認のお願い‏」というなりすましメールにご注意!

先日、スクウェア・エニックスを詐称したなりすましメールが届きました。

アカウントが不正利用されているので、異常がないか確認を促すものです。

私はそもそもスクエニには登録していませんので、なりすましメールだと気づきました。

登録されている方でも、メールタイトルが明らかにおかしいので、直ぐに気づくとは思いますが…

一応、届いたメールを貼っておきます。
(念のため、URLは一部変更してあります。)

-------------------------
常確認のお願い‏

お客様のアカウントは何らかの取引に利用されている恐れがありますので、お手数ですが、システムにログインして、異常がないかご確認いただきますようお願いします。 :

http://secure.square-enix.com/account/app/svc/Login.htm?cont=account=112&cg=@@@@@
株式会社スクウェア·エニックス

2014年6月27日

|

2012年2月20日 (月)

NTT 光回線値下げへ

NTT東日本は、光回線を使った固定通信について2年契約のプランを導入し、基本料金を大幅に割り引く方針を固めました。

ランニングコストが高かったためなかなか導入に踏み切れなかったのですが、値下げ幅によっては検討の余地が出てきたのかもしれません。

NTT東日本のこの値下げは、KDDIが来月から、固定回線とスマートフォンをセットで契約した場合にスマートフォンの月額のデータ通信料を1480円割り引く新しい料金プランを導入するのに対抗するためです。

気になる価格帯は、戸建て住宅の標準的な契約の場合、1年目の月額の光回線の基本料金は、ポイントでの割り引きも含めると5200円から4400円に引き下げられ、800円の値下げになるとしています。

また、契約を続けると5年後には最大で1200円の値下げになるとしています。

さらに、光回線を使った「ひかり電話」や「フレッツ・テレビ」とセットのプランも同様に値下げするとのことです。

値下げに踏み切る背景には、光回線を使った固定通信の契約者数の伸び悩みもあるようです。

今までは、家庭でインターネットなどを利用する人たちを中心に契約者を増やしてきましたが、インターネットを使えるスマートフォンの急速な普及に伴って、家庭用の光回線の契約者数が伸び悩んでいるようなのです。

NTT東日本は、料金の値下げによって通信会社間での料金やサービスを巡る競争が一段と激しくなってくるでしょう。

消費者にとってはありがたいことです。

|

2010年12月14日 (火)

ペニーオークションって知っていますか?

最近、インターネット上で

「新品の商品が市価の8~9割引きなど、びっくり価格で購入できる。」

などと注目を集めている「ペニーオークション」。

確かに、8~9割引きなら非常に魅力的ですよね。

ただ、このペニーオークションは、ネットなどで調べてみると、出品者は絶対に損をしないシステムになっているようで、いろいろ問題点もあるようです。

今回、何故ペニーオークションを取り上げたかというと、私も何社か参加した経験がありますが、未だ落札したことがないんですbearing

これから、

「やってみようかな。」

と思っている方の参考になればと思い、私の経験談を交えながらお話したいと思います。

まず、そもそもペニーオークションとはどのようなオークションなのか簡単に説明したいと思います。

ペニーオークションとは、オークションの一形式で、開始価格や落札価格は、通常のオークションに比べると低額ですが、入札する度に手数料が必要な形式のインターネット上のオークションです。

もともとは、アメリカのEntertainment Shopping社が始めたショッピングサイトswoopがこの形式の発祥のようです。

日本でも2009年頃から業者が参入しはじめ、2010年以降も増加傾向にあるようです。
実際にペニーオークションの落札済商品を見てみますと、確かに定価の8~9割引で落札されているものが多数です。

この結果を見ると、魅力的で店頭で買っているのが馬鹿らしく思えるくらいです。

でも、ちょっと待ってください。

このオークションでは、入札単位が「1円」「5円」など低く設定され、一回の入札で終了時間も延長されます。

つまり、必然的に入札件数が多くなるわけです。

そして、この1回の入札ごとに50~100円程度の手数料がかかります。

例えば、以下の場合を見てみましょう。

定価50,000円の商品
1回の入札毎に1円価格が上昇
1,000円で落札(98%OFF)
入札手数料は1回75円
話を簡単にするため4名で交互に入札
送料500円

落札者の支払い代金は、

落札代金 1,000円
入札手数料 1,000円÷4人=250回づつ入札 
        250回×75円=18,750円
計  19,750円

となります。

このほか、業者によっては商品の送料が加わってきますが、上記の例では6割引での購入となります。

一方、運営会社側には、手数料が75円の場合であれば1,000円×75円=75,000円が入ってくることになり、赤字どころか大黒字です。

ここで、今問題となっているのが、

”落札者以外の入札者にはこの手数料は返ってこない”

ということ。

先の例で言えば、他の3人は入札手数料の18,750円は帰ってこないわけです。
このため、オークションというよりもギャンブルに近いとの指摘もあります。

それは、熱中するあまり、市場価格以上の手数料を支払ってしまうケースも散見されていることからも娯楽性、ギャンブル性が高いことがわかると思います。

また一部の悪質なサイトでは、運営会社が出品者となり、サクラや運営者自身が大量のアカウントを保持して自動的に入札する「入札bot」を使って入札価格を故意に釣り上げている可能性もあるといわれています。

現在、国民生活センターには、ペニーオークションへの相談件数が増加中とのことですので、これから

「やってみようかな?」

と思っている方は、サイトの利用規約を熟読し、インターネット等で信頼できそうな運営業者選びをしていただきたいと思います。

このペーオークションは、1回の入札で時間延長になることから、かなり時間を浪費します。

参加される方は、寝不足にならぬようお気をつけ下さいね。

ちなみに私は・・・

「撤退」

しますcoldsweats01

|

2010年12月 8日 (水)

プレステ1700台でスパコン?

やはり、ソニーのプレイステーション(PS3)は単なる家庭用ゲーム機ではなかったようです。

なんと、PS3でスーパーコンピューターが出来ちゃったというから驚きです。

作ったのは、米空軍研究所。

PS3を1700台連結し、その性能を最大限に高める仕組みを構築したそうです。

PS3を使うと高い処理能力にもかかわらず、製作費用が格段に安いんだそうです。

その処理能力は世界35位か36位で、同じくらいの処理能力のスーパーコンピューターを作るには5千万~8千万ドルかかるそうですが、市販のPS3だと約2百万ドルで収まったようです。

このスパコンは「コンドルの群れ」と名づけられたそうですが、言語や記号情報を読み取る力に優れており、情報の20~30%が欠落していても、自ら考え、99.9%の確立で正しく解読できるのだそうです。

私も、PS3の処理能力は、パソコンの処理能力をはるかに凌ぐと聞いたことがあります。

また、同じゲーム機であるWiiとの比較でも、

Wii・・・21GFLOPS(システム全体)
PS3・・・ 2TFLOPS(システム全体)
 *「FLOPS」とは、コンピュータの性能指標の一つ。1秒間に浮動小数点数演算が何回できるかという能力を理論的/実際的(実験的)に表したもののこと。

となっており、単純計算で、2Tだから2,024GFLOPSで、2,024÷21=96.38倍だけPS3のほうが処理能力が高いことになります。

私も、両方ゲームをしたことがありますが、体感的にはそんなに差があるほどには感じませんでした。

ただ、圧倒的にPS3の方が画像が綺麗ですが・・・

我が家も小学生の子どもと遊ぶ目的にWiiを購入しましたが、このような報道に接すると、また、私の物欲魂に火がついてしまいそうです(笑)。

|