« 輸入車好調! | トップページ

2015年2月10日 (火)

福島のニホンザル 深刻な内部被ばく

忘れてはいないが、忘れてしまいたい。

それが福島第一原発事故。

今日、ある記事に触れて、深刻な状況がまだ何も解決されていないことを痛感しました。

それは、福島の野生のニホンザルが、他の地域のニホンザルに比べて筋肉内に放射性セシウムが極めて多く蓄積されているという記事です。

他の地域は筋肉1kgあたりのセシウムが検出限界の10ベクレル未満なのに対し、福島のニホンザルは78~1,778ベクレルもあったようです。

実に最大で約178倍の差もあるのです。

血液検査をしても福島のニホンザルの状態は極めて憂慮すべき状態で、特に子ザルでは、白血球数は減少が著しいそう。

その他の地域では1マイクロリットルあたり14,860個だったのに対し、福島では半分以下の6,823個。

驚くべき数値です。

また、筋肉中のセシウム濃度が高いほど、白血球数も少ないこともわかったそうです。

福島の野生のニホンザルや野生動物は、1kgあたりのセシウム量だけ見れば、放射性廃棄物と同じレベルだといわざるを得ない状況になったのです。

免疫不全などの健康被害もこれから起きてくるのでしょうか?

福島第一原発事故は、まだまだ解決されていないというを、改めて認識させられる記事でした。

|

« 輸入車好調! | トップページ

原発・放射能」カテゴリの記事