« レクサスRC 目標の20倍超!! | トップページ | 福島のニホンザル 深刻な内部被ばく »

2015年1月15日 (木)

輸入車好調!

1月9日の情報ですが、輸入車が17年ぶりに好調だそうです。

2014年の輸入車の販売台数は、前年比で3.4%増加し290,196台となり、1997年以来の高水準となりました。

国内登録車に占める割合も8.8%と過去最高を更新して、市場での存在感も高まってきているようです。

私、個人的にも輸入車が増えてきているように感じていますし、そもそも、輸入者のスタイリングがとてもよくなってきていることも、存在感が増してきているような気分にさせるのかもしれません。

輸入車の首位は、15年連続で「ゴルフ」「ポロ」を主力とする独フォルクスワーゲン。

昨年度から0.2%の増加。

2位はMercedes-Benzで13.2%の増加、3位はBMWで0.9%の減、4位はAudiで9.5%の増加となっています。

ベンツは初めて6万台を超え、Audiは42カ月連続で前年水準超えで好調をキープしています。

消費税増税の反動減の中、検討しているといってよいのではないでしょうか?

価格帯では1000万円以上が3割以上の増加、400万円から1000万円の価格帯でも9%も増えたようです。

ただ、これからは輸入車には課題が待ち構えています。

4月からエコカー減税の燃費基準が厳しくなり、外国メーカー車には逆風となります。

日本自動車輸入組合(JAIA)によると14年ではエコカー減税適用対象車は7割ありましたが、新基準を満たすのは3割を下回る見通しとのこと。

今後、外国車メーカーは円安の日本市場に対してどのような作戦でくるのでしょうか?

|

« レクサスRC 目標の20倍超!! | トップページ | 福島のニホンザル 深刻な内部被ばく »

」カテゴリの記事