« 愛犬への狂犬病の予防注射が見直されるかも! | トップページ | トヨタ 世界で36万台リコール »

2014年10月24日 (金)

26車種の「自動ブレーキ」テスト

国土交通省が8メーカー26車種の自動ブレーキ(衝突被害軽減制御装置)の試験デモを行いました。

今までは、メーカー各社が公表した安全基準の数値でしか性能を比較できませんでしたので、この試みは画期的です。

これから、自動ブレーキシステム搭載の車を購入しようとされている方には参考になるのではないでしょうか?

そもそも自動ブレーキシステムには3つの方式があります。

・ミリ波レーダー
ミリ波帯の電波を利用したレーダー。
雨・雪・霧の中や夜間でも、およそ100メートル以内にある物体の位置を検出できるが、レーダーの前に遮断物が置かれていると十分な機能を発揮しない場合もある。

・レーザーレーダー
レーザー光の強い出力と優れた指向性を利用し距離など遠方の物体の情報を測定する。
ミリ波レーダー装置に比べて安価だが、検知距離が短い。

・カメラ
カメラで撮影した映像を分析して障害物や歩行者を検知する。
夜間や悪天候時に性能が発揮できない場合がある。

例えば、日産「スカイライン」はミリ波レーダー、スズキ「スペーシア」はレーザーレーダー、スバル「フォレスター」はカメラなど、現在市販されている車はメーカーや車種によっても採用方式がまちまちです。

「レクサスLS」のようにミリ波とカメラを双方を装備することにより機能の強化を図っている車種もあります。

試験は、普及が進んでいる自動ブレーキと、走行中に車線をはみ出すと警報を鳴らす技術をテストしています。

自動ブレーキは、前方の障害物に向かって、時速10~60キロ(一部は50キロまで)で走行し、自動でブレーキが作動するかを試験をしています。

障害物が止まった状態、時速20キロで動いている状態の2通りで、それぞれ時速5キロごとに走行を繰り返し、総合的に評価しています。

さて、気になる評価結果ですが、自動ブレーキが利く条件が時速10km~60km/hの範囲内で車種によってばらつきがあるため、より高速まで作動域を持つものが高得点になったようです。

自動ブレーキ試験で満点をとったのは以下の3車種。

トヨタ「レクサスLS」
日産「スカイライン」
スバル「レヴォーグ」

■30点~40点未満

スバル「フォレスター」、「インプレッサ」
日産「エクストレイル」

■12点~30点未満

日産「ノート」
レクサス「レクサスNX」、「レクサスIS」
トヨタ「カムリ」、「ハリアー」
ホンダ「オッデッセイ」
マツダ「アテンザ」、「アクセラ」
三菱「アウトランダー」

■8点~12点未満

スズキ「スペーシア」、「ハスラー」、「ソリオ」、「ワゴンR」
ダイハツ「タント」
ホンダ「フィット」、「N-BOX」、「N-WGN」

■2点~8点未満

ダイハツ「ミライース」、「ムーヴ」
ホンダ「ヴェゼル」
軽自動車

低評価だったのがホンダ。

「ヴェゼル」に至っては10km~25km/hと低速作動域とはいえ、対象車の中で最低評に終わっています。

まだまだ出始めたばかりの技術ですので、ホンダにはこれからの挽回に期待したいと思います。

いずれにせよ、自動ブレーキは事故防止の支援システムにしか過ぎません。

運転手自らが交通ルールを守り、事故の無い社会を目指していくことが大切です。

|

« 愛犬への狂犬病の予防注射が見直されるかも! | トップページ | トヨタ 世界で36万台リコール »

」カテゴリの記事