« 「LEXUS NX」試乗! | トップページ | 健康寿命 男性71歳!、女性74歳!! »

2014年10月 6日 (月)

エボラ出血熱に日本の薬が効いた?2例目の投与も・・・

フランスのトゥーレーヌ保健相は4日、エボラ出血熱に感染した女性が治癒しパリ近郊の病院を退院したと発表しました。

この女性は民間団体「国境なき医師団」に所属する女性看護師で西アフリカのリベリア共和国で医療活動中に感染したそうです。

この女性の治療で使用された薬のひとつに、富山化学工業が開発したインフルエンザ治療薬「ファビピラビル」が含まれていました。

この薬は、ウイルスの細胞内での遺伝子複製を阻害することで増殖を防ぐ薬で、鳥インフルエンザウイルスに対する 抗ウイルス作用が期待されている薬ですが、エボラ出血熱の治療薬としては未承認です。

仏政府がこの薬の投与を要請し、仏国内での使用を許可、結果、今回の患者の退院につながりました。

記事を読む限りでは、この薬だけが投与されたのではなさそうですが、実は2例目も実施されています。

2例目となるのは、ウガンダ人。

これは「ファビピラビル」の単独投与で行われているようです。

いずれにせよ、恐怖のエボラ出血熱に対する治療法確立につながるのであれば明るい情報です。

|

« 「LEXUS NX」試乗! | トップページ | 健康寿命 男性71歳!、女性74歳!! »

ニュース」カテゴリの記事