« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月15日 (月)

「LEXUS NX」試乗!

少し前ではありますが、先日、LEXUS NXを試乗してきました。

私が試乗したのは、ハイブリッドタイプではなくターボ車である「NX200t F SPORT」です。

この車は、世界初の水冷式エギゾーストマニフォールド一体シリンダーヘッド+ツインスクロールターボチャージャーを採用しており、日本ではしばらくターボ車の発売がなかったため、是非乗ってみたかったものです。

どのような特性があるのかはよくわかりませんが、私は以前、ターボ車に乗っていたこともあり、またあの”どっかんパワー”(死語?笑)を感じれるのか楽しみにしていました。

レクサスの中ではコンパクトSUVに位置付けられていますが、LEXUS RXに比べればコンパクトという位置づけであり、サイズ的には、トヨタのハリアーと同じです。

私は、BMWのX1程度の大きさの車が欲しく検討を始めていましたので、一目実車を見たときは、少しサイズが大きいかなと感じました。

レクサス車の中で例えるなら、車幅はGS、車長はISといった感じです。

実は、今までセダンばかり乗り継いできているので、SUVを運転するのは初めて。

やはり、実車を目前にすると、

「運転しにくいのでは?」
「運転して楽しいのか?」

と考えてしまいます。

しかし、今回あえてこのSUVであるNXの試乗をしてみようと思ったのは、最高出力が238PS/4,800~5,600、最大トルク35.7kgf・m/1,650~4,000という数値、高剛性・軽量ボディと新開発のサスペンションということ、そして何より、開発者が「目指す走りはIS」と言っているように、走りを大切にしているという点。

特に試乗してみたかったのは、”F”の称号を持ちパフォーマンスダンパーを装着し専用のチューニングを施している「F SPORT」です。

これに試乗できたのはとてもラッキーです。

エンジンをかけると、レクサス車らしくとても静か。

アクセルを踏み込んでいくと、車重を感じさせないとてもスムーズな立ち上がり。

想像していたような、”どっかんパワー”ではなく、アクセルを踏み込んでいくと一瞬遅れてくる圧倒的なパーワー感がありますが、うまく制御されているのか、それはしなやかでジェントルなイメージで、荒々しさや嫌みがありません。

さすがに、自然吸気型のISに比べれば、アクセルを踏み込んだ瞬間にリニアに反応する感じはありませんが、それでもタイムラグはかなり少ないのではないかと思います。

足回りは、しなやかかつ操縦安定性は抜群で、スポーツセッティングされているとはいえ、初代ISのタイプSに比べると路面からの突き上げ感が程良く抑えられ乗り心地はとてもいい。

これならば長距離運転しても疲れることはないと思います。

ハンドリングは、素直に言うことを聞いてくれる感じで、車重がある車ですがキビキビとした反応を楽しめます。

さらにアイドリングストップを採用しており環境にやさしく、燃費向上にも一役かっているのではないでしょうか。

走行性能の面では、ISの走りを凌駕するとまではいかないとしても、乗ってがっかりすることは少ないのではないかと思いますし、走り屋さんではない限り、十分走りも楽しめると思います。

装備面では、今までGSクラス以上しか装備されていなかった電動パーキングブレーキが標準装備され、リモートタッチのタッチパッド式化、オプションではありますが置くだけ充電(一部機種のみ対応。iPhoneは非対応。)等レクサスならではの充実ぶりです。

総合的にはとても魅力的な一台ではないかと思います。

情報によれば、人気はやはりハイブリッドとのことです。

F SPORT以外は今から注文しても年内ギリギリのようですが、F SPORTに限っては、原材料(表皮一体発砲シート?)の調達に支障が出ているようで、来年の4月くらいになってしまうようです。

|

2014年9月11日 (木)

三菱自動車 19万台リコール!

三菱自動車工業は、9月11日、国土交通省にリコールを届け出ました。

対象となるのは、三菱の乗用車の「デリカ」や「アウトランダー」「ギャラン」「RVR」「ランサーエボリューション」5車種合わせて19万1596台です。

内容は以下のとおりです。

① エンジンの補機駆動用ベルトの材質が不適切なため、樹脂製プーリが傾斜状に摩耗するものがある。 そのため、そのまま使用を続けると当該ベルトが損傷して外れ、警告灯が点灯するとともに、バッテリ上がりまたはオーバーヒートに至るおそれがある。 また、油圧パワーステアリング車においては、操舵力が増大するおそれがある。

② ブレーキブースターのブレーキアシスト機構を構成するスイッチスリーブの組付け工程が不適切なため、当該部品に亀裂が発生しているものがある。 そのため、ブレーキアシスト機構が作動した際に、スイッチスリーブの爪が折損し、ブレーキペダルが戻らず発進できなくなるおそれがある。

国土交通省によれば、アメリカやロシアなどでは、定期点検でベルトの破損が見つかるなど不具合が相次いで見つかったということです。

三菱自動車工業は、9月11日から全国の販売店で無料で修理に応じるそうです。

|

2014年9月10日 (水)

来年初め頃まで地震に注意!!

GPS観測網を利用して地震予測を行っている東京大学名誉教授の村井俊治教授がメールマガジンで巨大地震の発生を警告しています。

村井教授のメールマガジン「MEGA地震予測(9月3日号)」によると、7月6日から今日まで日本の広範囲で数センチ規模の地殻変動が観測されたため、来年初めごろまでに大きな地震が起きる可能性があり、また、最新のデータでも神奈川県などで7センチを超える地殻変動が捉えられていることから、東日本大震災以来の規模になると警鐘を鳴らしています。

村井氏は今年の九州で発生した震度5強の地震などを的中させましたし、東日本大震災前に異常なデータを発見した実績もありますから、信じられないと頭から否定するのではなく、いつ起きてもおかしくないと考えて、事前にいろいろな対策を考え注意しておく必要があるのではと思います。

特に1週間程度の食料や防災用具など、早め早めに準備をしておくと安心できるのではと思います。

|

2014年9月 4日 (木)

日産マーチなどでリコール!火災発生も!!

日産自動車は4日、国土交通省にリコールを届け出ました。

不具合の内容は、

①アイドリングストップ無し車のスターターモータにおいて、モータコイルとシャフトの嵌合力が不足しているため、始動時の入力によってモータコイルがずれるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、ブラシが変形して始動不良となり、最悪の場合、ブラシホルダが破損し、ショートして発火するおそれがある。

②後輪ブレーキのアッパースプリング製造工程において、治具の形状が不適切なためスプリングに傷がついたものがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該アッパースプリングが折損し、最悪の場合、ブレーキを解除しても制動力が完全に解除されないおそれがある。

というもの。

①については、火災もに山形、埼玉、岐阜3県で報告され、エンジンがかからないトラブルも29件報告されているようです。

対象車種は、マーチ、ノート、ラティオの3車種で計11万5774台(2010年6月~2014年4月生産)で、内訳は①54,589台、②63,805台です。

対応策としては、

①全車両、当該スターターモータを対策品と交換

②全車両、後輪ブレーキの製造日を確認し、対象の場合は当該アッパースプリングを良品と交換

とのことです。

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »