« レクサス「IS F」生産終了 | トップページ | レクサス「NX」、販売絶好調!! »

2014年8月 9日 (土)

ターミネーターの世界がすぐそこまで!

米IBMが、人間の脳と同じように同時並行で情報を処理することができるコンピューターチップを開発しました。

開発したチップは、2センチ角に100万個の素子が入っているそうで、脳の神経細胞と同じように外部からの刺激に変化してネットワークを形成し、情報の処理を進めていくそうです。

つまり、入力に応じてデータの流れ方が変わり、チップ内にある素子がネットワークを構成してデータの処理を進めるというのです。

従来のコンピューター(「ノイマン型」というらしい。)は、プログラムを読み込んで決められた手順で一つずつデータを処理していますが、開発したチップはプログラムが不要で多くの素子が分散して同時にデータを処理できます。

さらに、データを与えれば与えるほど学習していき、認識機能がどんどん向上するそうです。

このチップは、人間のような思考や創造はできないが、脳のような画像や音声の識別を、大規模なコンピューターを使わずにできるようになるといいます。

これが実用化すれば、家電や自動車、ロボットなどに組み込んで、大量の画像や音声の中から特定の顔や声を識別したり、ビッグデータから目的の情報を精度良く見つけたりできるようになります。

この開発には既に100億円が投じられ、今後はロボットにチップを組み込み、猫程度の情報処理能力を実現することが目標とのこと。

私はこのニュースを見て、映画「ターミネーター」に登場するコンピューター、スカイネットが稼動と同時に猛烈なスピードで学習を開始し、ついには自我に目覚め、人間狩りを開始する・・・

そんなシーンを思い浮かべてしまいました。

あくまで映画の世界の話ではありますが、技術の進歩は制御できる範囲でお願いしたいものです。

|

« レクサス「IS F」生産終了 | トップページ | レクサス「NX」、販売絶好調!! »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事