« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

2年前の太陽風、過去150年間で最強だった!!

NASAは、2年前の2012年7月の太陽風についての報告を発表しました。

それによると、過去150年間では最強の太陽風だったことが判明し、もし地球を直撃していれば、

「全世界が被る経済的損失は2兆ドル(約200兆円)にも及び、現代文明を18世紀に後退させる」

ほど威力があったとしています。

当時は地球をかすめるルートを通りましたが、もし放出が1週間早かったら地球を直撃していたそうです。

そもそも太陽風とは何かというと、太陽から吹き出す極めて高温で電離した粒子(プラズマ)のことです。

そこに含まれる電磁波、粒子線、粒子などが、地球上や地球周辺の人工衛星などに被害をもたらし、もし地球を直撃した場合には、電力網、通信、位置測位システムの広範な停止が想定されています。

2年前の太陽風が直撃していれば、電力網と通信網は地球規模で壊滅的なダメージを受け、スマートフォン、タブレット端末、パソコンなどの電子機器も破壊されていたとみられます。

過去に発生した太陽風で最大規模だったのは、「キャリントン・イベント」と命名された1859年の太陽風で、この時は激しい磁気嵐を誘発し、各地の発電所で火災が起きました。

さらに普及し始めたばかりだった電報のための通信機器も回線がショートし、使用不可能になってしまったようです。

また、1989年の太陽風は2年前のものの約半分の威力でしたが、カナダのケベック州一帯を停電させました。

NASAによると2年前の太陽風の規模は「キャリントン・イベントと少なくとも同レベルか、それ以上」としています。

気になるのは今後の太陽風の来襲。

物理学者のピート・ライリー氏は、今後10年以内にキャリントン・イベントと同規模の強力な太陽風が地球を直撃する確率は12%と分析しています。

どのような備えが必要なのか、皆目検討がつきませんが、電化製品や通信機器に頼らないでも生活できる術は考えておかなければと思った情報でした。

|

2014年7月27日 (日)

レクサスNX 内覧会

先日、ディーラ-よりレクサスNXの内覧会のお知らせが来ました。

ディーラーによれば、このNXはなかなかの評判のようで、特に2リッターのターボ車であるNX200tへの関心が高いようです。

案内のチラシによれば、

「力強く爽快なスポーツドライビングの愉しさと、優れた環境性能を高い次元で両立する新開発2.0ℓ直噴ターボエンジン。ツインスクロールターボチャージャーと吸排気のバルブ開閉タイミングを最適に制御するDual VVT-iWを組み合わせ、筒内直噴と吸気ポート噴射の2つのインジェクターを持ち、最適な燃料効率を実現する」

とのこと。

1650r.p.mから4000r.p.mの幅広い回転域で350N・mの最大トルクを生み出すエンジンながら、燃費も12.8km/ℓ(JCO8モード)となかなかです。

ライバルは、レクサスISというのもうなずけます。

PRICE LISTも入手できたので、ご参考までにお知らせします。

NX300h(2WD) 4,920,000円
   versionL  5,560,000円
   F SPORT 5,560,000円
   l package  5,060,000円

NX300h(AWD) 5,180,000円
   versionL  5,820,000円
   F SPORT 5,820,000円
   l package  5,320,000円

NX200t(2WD) 4,280,000円
   versionL  4,920,000円
   F SPORT 4,920,000円
   l package  4,420,000円

NX200t(AWD) 4,540,000円
   versionL  5,180,000円
   F SPORT 5,180,000円
   l package  4,680,000円

 

|

2014年7月20日 (日)

高身長の方はがんになりやすい??

個人的に気になったので紹介します。

「高身長の人はがんになりやすい。」

という英国と米国の研究結果があるそうです。

女性では、身長が4インチ(約10cm)高くなるごとに、がんになるリスクが米国の研究では約13%、英国の研究では約16%増加すると発表されています。

20歳くらいまで成長ホルモンがたくさん出ていた人が高身長になるようですが、この成長ホルモンには発がん性があり、がんを大きくしやすいそうです。

また、背の高い人は低い人に比べてより多くの細胞をもっているので、それだけ細胞のがん化につながる遺伝子の突然変異を生じる確率というか、機会が多いというのも原因のひとつのようです。
 
職業として、ナースやキャビンアテンダントは乳がんになりやすい、という報告もあるそうです。

この職業の共通点は、”シフト勤務者”ということ。

シフト勤務者は、夜間に多く分泌されるメラトニンが分泌されにくくなります。

実はこのメラトニンは「睡眠ホルモン」といわれるもので、催眠・生体リズムの調節作用がありますが、乳がんを予防する効果もあり、海外では乳がんの術後、メラトニンをサプリメントとして服用する方も多数います。

しかし、生活リズムが半日ほどずれる勤務状態ではメラトニンが分泌されにくく、細胞に異常が起きて、がんが生じやすくなるというロジックです。

この対策として、メラトニンは光があると分泌しにくいため、寝るときは真っ暗にして眠ること、そして、メラトニンが豊富な牛乳、チーズ、バナナ、納豆を多くとること。

さらに、がんの原因となる遺伝子の損傷を防ぐためには、抗酸化物質を多く含んだ食事(にんにく、ブロッコリーなど)を心がけるようにすると良いそうです。

私も、のっぽですので抗酸化物質を多く含んだ食事に気を付けようと思います。

|

2014年7月18日 (金)

ホンダの「フィット」リコール多し!

7月10日、ホンダのコンパクトカー「フィット」と小型SUV「ヴェゼル」のハイブリッド車(HV)について、リコールが発表されました。

国土交通省のホームページで検索してみると、フィットに関しては2013.4.12から6回目のリコールです。

日本の自動車メーカーで同じ車種では、異例ともいえる数ではないでしょうか。

今回発表になったりコールは、意図しない急発進などを起こす不具合で、これまで販売されたすべてにあたる17万5356台が対象。

既に11件の物損事故もあったようです。

さらに翌日の7月11日には、使用条件によって自動パーキングブレーキ動作が危険な場合があり(1件の人身事故の報告有り)、それを改修するサービスキャンペーン(リコール制度の対象ではない無償修理)も発表しています。

「どうしたの、ホンダ!!」と首をひねってしまう状況ですが、不具合の原因は、いずれもエンジン制御プログラムに起因するようです。

今までのリコールで改修していたにもかかわらず、その後も急発進等のトラブルの情報は絶えなかったようです。

2013年10月以降のトラブルはトランスミッション制御プログラム、今回はエンジン制御プログラム。

つまり、原因究明が十分でなかったのではないかと思います。

今回のリコールでも収束しなかった場合、売れ筋の車種なだけに、ホンダに与えるダメージは計り知れないものになるかもしれません。

ホンダ「フィット」のリコール履歴
2013.4.12
助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の成型工程が不適切又は成型後の吸湿防止措置が不適切なため、密度が不足したガス発生剤が組み込まれたものがある。
そのため、エアバッグ展開時にインフレータ内圧が異常上昇し、インフレータ容器が破損して飛び散り、出火するおそれがある。

2013.10.25
7速DCT型自動変速機を搭載した車両において、自動変速機制御コンピュータのプログラムが不適切なため、モータ走行モードでの停車時に変速機内のドグとスリーブが噛み合わないことがある。
そのため、トランスミッション警告灯が点滅し、メータディスプレイに点検表示がされるとともに、1速が噛み合わないと発進できなくなるおそれがある。
または、2速が噛み合わないと奇数段変速での走行となるおそれがある。*DCT型:デュアルクラッチトランスミッション型

2013.12.20
①7速DCT型自動変速機を搭載した車両において、エンジン制御ユニット(ECU)のプログラムが不適切なため、低車速でアクセルをオフにした際、エンジンにかかるモータの充電負荷よりエンジン出力が低いため、エンジン回転数が低下することがある。
そのため、エンジンの回転が不安定になりエンストするおそれがある。(停止後の再起動及び走行は可能)
②7速DCT型自動変速機を搭載した車両において、トランスミッションドライバユニット(TDU)のプログラムが不適切なため、車両起動時にギヤチェンジ用アクチュエータの出力を監視している2種類のIC間でクロック精度に差があり、起動準備が完了しているにもかかわらず未完了と誤判断することがある。
そのため、メータディスプレイのトランスミッション警告灯が点滅し、「トランスミッション点検」の表示が点灯するとともに、駐車状態から起動しなくなるおそれがある。
③7速DCT型自動変速機を搭載した車両において、トランスミッションドライバユニット(TDU)のプログラムが不適切なため、車両起動時にプログラムが立ち上がる際、起動に必要な一部データを消去してしまうことがある。
そのため、パワースイッチを押しても駐車状態から起動しなくなるおそれがある。
④7速DCT型自動変速機を搭載した車両において、ハイドロスタティッククラッチアクチュエータ(HCA)のプログラムが不適切なため、クラッチの締結力を制御するピストンの移動量を検出するセンサが移動量を誤検知することがある。そのため、HCA内部異常と判断し、メータディスプレイのトランスミッション警告灯が点滅し、「トランスミッション点検」の表示が点灯するとともに、発進や後退ができなくなるおそれがある。

2014.2.10(「VEZEL」も同様)
ハイブリッド車の7速DCT型自動変速機において、変速機内の1速ギヤのハブ上をスリーブが滑らかに動かないものがある。
そのため、1速ギヤがかみ合わないために、発進不良(発進までに時間がかかる、発進しない等)、坂道でのずり下がり、加速不良(エンジンの吹け上がり)が発生したり、急に1速がかみ合うために、意図しない急発進等をする場合がある。
また、メータディスプレイのシフトポジションが全点灯し、またはトランスミッション警告灯が点滅し、メータディスプレイに「トランスミッション点検」の表示がされることがある。

2014.6.23(その他車種(計10車種)も)
助手席用エアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の成型工程が不適切又は成型後の吸湿防止措置が不適切なため、密度が不足したガス発生剤が組み込まれたものがある。
そのため、エアバッグ展開時にインフレータ内圧が異常上昇し、インフレータ容器が破損して飛び散り、出火したり乗員が負傷するおそれがある。

2014.7.10
エンジン制御コンピュータ(ECU)のプログラムが不適切なため、
① ECUが検知し学習しているクラッチ推定摩擦特性と実クラッチ摩擦特性がずれた状態で、EV走行モードでの走行中にモータ駆動でエンジンが始動した際、モータから過大な駆動力が発生することがある。
そのため、運転者が意図せず車速が一瞬増加するおそれがある。
② エンジン走行モードでの停車中にシフトレバーをDまたはRに操作して発進する際のギヤの噛み合い動作の間や、EV走行モードで急勾配の坂道にゆっくり進入し、一時停止してエンジンが始動した時、アクセルペダルを強く踏込んでいると、モータから過大な駆動力が発生することがある。
そのため、車両が急発進するおそれがある。

|

2014年7月11日 (金)

衝撃的な個人情報漏えい事件

760万件の個人情報が流出。

可能性を含めると約2070万件の個人情報が流出。

「進研ゼミ」で有名なベネッセコーポレーションが発表した事件、こんな大規模な漏えい事件は私は聞いたことがありません。

この件数も1世帯を1件とカウントしているため、保護者1人、子供1人が登録されているとしても、1520万件個人情報が流出したことになります。

可能性を含めると4140万件の個人情報流出・・・

膨大な数の個人情報が世にばら撒かれてしまいました。

流出した内容は、過去に顧客であった保護者および子供の名前(漢字とフリガナ)、住所、子供の生年月日、性別。

一度ばら撒かれると、回収どころか情報は拡散し続け、手がつけられなくなるネット社会。

責任者が辞任してもばら撒かれたものは回収できません。

ベネッセは100回線の電話を用意しましたがパンク状態との様子。

流出経路は未だ不明のようですが、不正アクセスの形跡は発見されていないとのことから、委託企業からの流出か、内部犯行ではないかとのこと。

仮に、迷惑料として個人情報流出者1件に付き500円の商品券を発送したとしても38億円+送料の負担。

経営を揺るがしかねない巨額の負担になります。

|

2014年7月 6日 (日)

胃のバリウム検査で発がんの可能性?

健康維持のため、年一回人間ドックを受検する方も多いことでしょう。

実は私もその一人です。

人間ドックには、胃のバリウム検査がありますが、診療台でグルグルと回され、結構しんどい検査ですよね?

実は、この検査、被ばく量が胸部X線検査の150~300倍もあることご存知でしたか?

ネットで検索していましたら、丁度そのような情報を書かれている病院のサイトがありましたので、つい熟読してみました。

それによれば、直接撮影(大きなフィルムで撮影する方法)では15~25ミリシーベルト(mSy)。

間接撮影(健診車による小さなフィルムで撮影する方法)では20~30mSyになるそうです。

少し前までよく比較対象になっていたCTの被ばく線量は10~20mSyですから、それもよりも多く被ばくしていることになります。

胸部X線写真の被ばく量が0.1mSyなので、冒頭お知らせした150~300倍という数値がはじき出されているわけです。

この検査で使われるレントゲン線は、DNAを傷つける作用があります。

傷ついたDNAが原因で発癌するには1回の被ばく量が50~200mSy(広島・長崎のデータ)と言われていますので、1回の胃バリウム検査で発癌することはありません。

しかし、毎年胃バリウム検査を受けるとDNAが徐々に傷ついて発癌に至る可能性は否定できないとしています。

さらに、大腸バリウム検査は胃に比べて被爆線量が2~3倍も多いというので、健康のために検査をしているのに、その検査が癌を引き起こす可能性があるとはシャレにもなりません。

私は、次回の人間ドックからバリウム検査をやめて、勇気を振り絞って(笑)内視鏡検査に切り替えようかと思います。

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »