« レクサスの話題 | トップページ | 円相場101円台 »

2013年5月 9日 (木)

首都直下地震の地域別の確率

防災科学技術研究所は、首都直下地震の地域別の確率を具体的に推定しました。

それによると、マグニチュード7級の首都直下地震の発生確率は茨城県や神奈川県で高く、地域によって差があることがわかります。

政府の地震調査委員会によれば、首都直下地震は南関東で30年以内に70%の高い確率で発生を予想していますが、南関東のどこで起きやすいかは、分かっていませんでした。

今回、南関東で大正15年以降に観測された約1500回のM5以上の地震と、過去約1100年間に起きた16回のM7級の震源地を分析し、どこが首都直下地震の震源地になりやすいかを示す確率分布地図を作ったものです。

大まかなものですが、防災に役立てることはできそうです。

|

« レクサスの話題 | トップページ | 円相場101円台 »

ニュース」カテゴリの記事