« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月30日 (木)

財務省で法律策定誤り?

財務省で「バリアフリー改修に係る投資減税」について、本来改修工事限度額は25年1月1日から26年3月31日までに入居した場合は150万円(減税可能額15万円)であるところ、200万円(減税可能額20万円)として 法律をつくってしまったようです。

法律は既に公布されていること、納税者が不利になるものではないことから、このままの条文通りに実施するそうです。

こんなことあるんですね?

ビックリしましたが、該当する方はラッキーですね(^ ^)

|

2013年5月18日 (土)

近づく富士山噴火!?

世界文化遺産の登録が確実視されている富士山の異変が止まりません。

3合目付近の林道が深さは最大1メートル超で約300メートルにわたり陥没し、浜名湖でもアサリの漁獲量が激減しています。

何度もこのブログでも紹介していますが、河口湖では湖水が大きく減少し「六角堂」の立つ浮島が地続きになっています。

このような不可解な現象は、富士山の噴火か大地震の前触れなのでしょうか。

また、浜松市の天竜川流域では先月、1万匹以上ものアユの死骸がみつかっているといいます。

浜名湖や天竜川は、巨大地震の震源となる南海トラフに面した地域ですので、非常に不気味。

ほぼ100年毎に噴火を繰り返してきた富士山。

1707年には南海トラフを震源とする宝永地震が発生、その49日後に富士山の宝永大噴火が起きています。

その後300年も動きがないのは、逆に異常な状態でエネルギーが相当たまっていると見ていいのではないでしょうか。

富士山の噴火活動

800~802年 延暦大噴火
864年 貞観大噴火
937年 噴火
999年 噴火
1033年 噴火
1083年 噴火
1435年 噴火
1511年 噴火
1704年 鳴動
1707年 宝永大噴火

|

2013年5月10日 (金)

円相場101円台

10日、東京外国為替市場で円安ドル高が進みました。

2009年4月以来、約4年1カ月ぶりの円安水準とのことで、1ドル=101円台。

野田政権時の2011年10月には1ドル=75円32銭と戦後最高値を記録していたのが嘘のよう。

海外旅行、行っておけばよかった ^^;

|

2013年5月 9日 (木)

首都直下地震の地域別の確率

防災科学技術研究所は、首都直下地震の地域別の確率を具体的に推定しました。

それによると、マグニチュード7級の首都直下地震の発生確率は茨城県や神奈川県で高く、地域によって差があることがわかります。

政府の地震調査委員会によれば、首都直下地震は南関東で30年以内に70%の高い確率で発生を予想していますが、南関東のどこで起きやすいかは、分かっていませんでした。

今回、南関東で大正15年以降に観測された約1500回のM5以上の地震と、過去約1100年間に起きた16回のM7級の震源地を分析し、どこが首都直下地震の震源地になりやすいかを示す確率分布地図を作ったものです。

大まかなものですが、防災に役立てることはできそうです。

|

2013年5月 8日 (水)

レクサスの話題

まずはGSから。

4月20日に中国で開幕した上海モーターショー13。

レクサスはここで「GS300h」をワールドプレミアしました。

これは新型「GS」に追加された新グレード(ハイブリッド)です。

すでに「GS450h」という3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジンを基本にしたハイブリッドを発売していますが、排気量を縮小したダウンサイジングハイブリッドとしてGSファミリーに追加されました。

ハイブリッドパワートレインは、新型「IS」の「IS300h」グレードや新型トヨタ「クラウン ハイブリッド」と共通で、直噴2.5リットル直列4気筒ガソリン「D-4S」に、モーターを組み合わせています。

スペックは公表されていませんが、IS300hの場合、システムトータルで220psをたたき出していますので、それに近い数値であることは想像できます。

この新グレードは欧州市場にも投入されることが決定しており、欧州で重視されるCO2排出量は、110g/㎞以下と優れた環境性能を実現しているとのことで、こっちにも抜かりはありません。

このGS300hは、私の心を少しだけくすぐりましたが、お財布が許してくれません(笑)

さて、少し述べた「IS」ですが、ハイブリッド車に事前予約が殺到しているようです。

納車がすでに約5か月待ちといいますから、5月に予約しても10月納車ということになります。

「IS」の予約のうち7割程度がハイブリッドということで、待ち望まれていたことがうかがえます。

ガソリンエンジン車の方は、最低価格420万円に対し、ハイブリッド車は480万円。

この価格差を高いとみるか、相応とみるかは意見の分かれるところでしょう。

|

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »