« 放射線量に関する緊急情報2 福島県 | トップページ | レクサスIS モデルチェンジ情報2 »

2012年7月 1日 (日)

これが原因?

東京電力は6月30日、福島第1原子力発電所4号機の使用済み燃料プールで異常を知らせる警報が鳴り、冷却装置が自動停止しました。

警報が鳴ったのは同日午前6時25分ごろで、本来作動するはずの予備の冷却装置も起動できなかったとのことです。

その後東電で調査したところ、無停電電源装置に問題がありその装置をう回する作業を実施したところ、1日午後3時7分ごろ冷却が再開できたとのことです。

冷却再開時のプールの水温は約42.9度でした。

東電では今週中に電源装置を交換する予定とのことです。

これが毎時40マイクログレイの高濃度放射線が福島原発西(田村市(郡山の東隣))で観測されていた原因なのでしょうか?

|

« 放射線量に関する緊急情報2 福島県 | トップページ | レクサスIS モデルチェンジ情報2 »

原発・放射能」カテゴリの記事