« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

リコール情報

ここのところ、仕事が忙しくなりなかなかブログの更新ができない状態が続いています。

何とかがんばって続けていきますのでよろしくお願いします。

昨日(27日)、結構大規模なリコール情報が2件ありました。

まずはマツダ。

米国で販売したスポーツ用多目的車(SUV)「トリビュート」の約21万7500台について、米道路交通安全局(NHTSA)にリコールを届け出ました。

エンジンの出力を調整するスロットルが開いたままになり、車が意図せずに加速する恐れがあるとの内容です。

対象車は、V型6気筒エンジンを搭載した2001~06年モデルと08年モデル。

速度制御装置のケーブルが障害となり、スロットルが元の位置に戻らなくなることがあるということです。

これは怖い事象ですね。

だって、事実上アクセルペダルを踏み続けているのと同じ状態ですから・・・。 

次は日産自動車。

乗用車「プレサージュ」「ムラーノ」「ティアナ」の3車種計9万6843台(2002年12月~07年7月製造)について国土交通省にリコールの届出をしました。

こちらはエンジン内のセンサーの耐熱性不足で走行中にエンストするおそれがあるとしています。

既に283件の不具合が起きているとのこと。

中国やロシアなど向けの約2万7400台でも同様の措置を取るとのことですので、合計12万台ということなのでしょうか。

これとは別に、中型バス「シビリアン」といすゞ自動車にOEM(相手先ブランドによる生産)供給している「ジャーニー」の2車種計3571台(05年12月~10年9月製造)もリコールの届出がありました。

エンジンを冷却する空気を取り込む車体底部の「導風板」に亀裂が入り、一部が脱落する恐れがあるとのこと。

こちらは38件の不具合が発生しています。

海外出荷分約1100台でも各国のルールに従って対処するそうです。

なぜ昨日になってかたまって届出があったのでしょうか?

もしかして、オリンピックが開幕するからその陰に隠れて・・・

勘ぐりすぎでしょうか?

|

2012年7月16日 (月)

レクサスIS キー閉じ込み現象 完治

先日お知らせした、運転席側後部座席のキー閉じ込み現象ですが、無事完治しました。

原因は、ドア開閉センサーの動作不良ということで、このセンサーを交換しました。

具体的には、後部座席側ドアを開けても、ドアが開いていると判断せず、30秒後に自動的に鍵を閉めてしまったため、キーを閉じ込めてしまったということのようです。

何はともあれ、原因が分かって無事修理出来て良かったです。

|

2012年7月10日 (火)

世界企業500社番付 日本は3位に後退

米経済誌フォーチュンが発表した2012年版世界企業500社番付(11年の売上高ベース)です。

首位は米国で132社、2位は中国で73社。

今回、国別で初めて日本68社を抜いて中国が2位に浮上しました。

景気低迷の日本と対照的に、高成長を続ける中国経済の勢いが如実に現れています。

日本企業は昨年と同数でしたが、中国企業は昨年比12社増。

企業別ランキングでは、昨年まで2年連続首位だった小売り世界最大手の米ウォルマート・ストアーズは3位に後退し、世界首位は英・オランダ系のロイヤル・ダッチ・シェルでした。

2位には米エクソンモービルが続き、上位5社のうち4社が石油会社でした。

中国企業は5位の中国石油化工(シノペック)をはじめ、3社が10位以内に入っています。

一方、日本企業はトヨタ自動車が昨年8位から後退し10位でした。。。

頑張れ、ニッポン!!

|

2012年7月 5日 (木)

コカコーラに含まれる発がん性物質、カリフォルニアの18倍


アメリカの公益科学センター(CSPI)は、日本を含む世界各国で含まれているコカコーラには発がん性物質4-メチルイミダゾール(4-MI)が含まれていると発表しました。

この発がん性物質は、カラメル色素を製造する過程で、砂糖やアンモニア、亜硫酸塩が高圧・高温下で化学反応を起こして生成される化学物質とのことで、この4-MIのレベルは各国で異なるそうです。

各国の4-MIの含有量(ug/12fl oz:355ml)は以下のとおり。

ブラジル  267
ケニア  177
中国  160
アラブ首長国連邦  155
メキシコ  147
イギリス  145
アメリカ(ワシントンDC)  144
日本  72
カナダ  56
アメリカ(カリフォルニア)  4

この結果を見ると、ブラジルで販売されているコカコーラが最も数値が高く、多くの発がん性物質が含まれていることになります。

日本のコカコーラは、355ml換算で72マイクログラムで、カリフォルニア州で販売されているコカコーラが4マイクログラムだったのに対し約18倍も多くなっています。

これだけの差が出る理由は、カリフォルニア州では4-MIを含む食品の規制があるようで、この規制に対応するためだとか。(カリフォルニア州では、4-MIを30マイクログラム以上摂取すると、10万人に1人の可能性で生涯のうちにがんにかかると見積もっています。)

ということは、4-MIを減らすことは可能なわけですので、日本も世界各国も発ガン性物質の少ないコーラを販売すべきではないでしょうか。

また、CSPIは、コカコーラの問題点はこの発ガン性物質のほかにも大きな健康リスクをもたらす大量の糖分にあり、コカコーラをはじめとする糖分を多く含む清涼飲料水の飲みすぎも警告しています。

日本ではコーラが500ml入りのペットボトルで販売されており、つい飲みすぎてしまうため、 500mlのコカコーラは販売すべきでないと言っています。

ちなみにアメリカでは355ml、ヨーロッパ・アフリカ・中国では330mlが標準のようです。

|

2012年7月 2日 (月)

レクサスIS モデルチェンジ情報2

以前、「レクサスIS モデルチェンジ情報」と題して次期レクサスIS情報をお伝えしました。

その後、車雑誌等でフルモデルチェンジ情報が無いか見ているのですが、なかなか新しい情報が無いですよね。

たまたま先日、Myディーラーに行く機会がありましたので少し聞いてみました。

その話の中では、次期ISはエンジン車だけでなくハイブリッド車が追加されるという情報がありました。

これは、前回の情報でもお伝えしているとおりです。

前回と変わったところは、2点あります。

いずれも「まだ確定ではないですが、」との前置きつきの情報ですのでご了解下さい。

まず、モデルチェンジの時期についてですが、次期ISは来年1月フルモデルチェンジとの情報から、来年中にモデルチェンジを行うようスケジュールが後ろ倒しに変更になったようです。

発売から7年以上たっていますので、このモデルチェンジ時期の後ろ倒しは結構つらいです。

初期ISに乗っている方は、7年目の車検となります。

この期にBMWなどの他社の車へ乗り換える方も多いのではないかと思います。

実際、私も少し考え始めようと思っています。

2点目はラインアップについてです。

前回は私が一番期待していたステーションワゴンが追加される可能性があるとしていましたが、どうやらその話は立ち消えになったようです。

数ヶ月前の某車雑誌でも、ステーションワゴンがハイブリッドでのみではありますが追加されるとの情報が載っていたので、期待していました。

しかし今回、決定ではないにしろ立ち消えの方向なのであれば非常に残念でなりません。

是非、BMWのようなツーリングワゴンやX1のようなSUV((スポーツ・ユーティリティ・ヴィークル、BMWではSAV(スポーツ・アクティビティ・ヴィークル)と呼んでいるようであるが。)をレクサスでも発売して欲しいものです。

|

2012年7月 1日 (日)

これが原因?

東京電力は6月30日、福島第1原子力発電所4号機の使用済み燃料プールで異常を知らせる警報が鳴り、冷却装置が自動停止しました。

警報が鳴ったのは同日午前6時25分ごろで、本来作動するはずの予備の冷却装置も起動できなかったとのことです。

その後東電で調査したところ、無停電電源装置に問題がありその装置をう回する作業を実施したところ、1日午後3時7分ごろ冷却が再開できたとのことです。

冷却再開時のプールの水温は約42.9度でした。

東電では今週中に電源装置を交換する予定とのことです。

これが毎時40マイクログレイの高濃度放射線が福島原発西(田村市(郡山の東隣))で観測されていた原因なのでしょうか?

|

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »