« レクサスIS モデルチェンジ情報2 | トップページ | 世界企業500社番付 日本は3位に後退 »

2012年7月 5日 (木)

コカコーラに含まれる発がん性物質、カリフォルニアの18倍


アメリカの公益科学センター(CSPI)は、日本を含む世界各国で含まれているコカコーラには発がん性物質4-メチルイミダゾール(4-MI)が含まれていると発表しました。

この発がん性物質は、カラメル色素を製造する過程で、砂糖やアンモニア、亜硫酸塩が高圧・高温下で化学反応を起こして生成される化学物質とのことで、この4-MIのレベルは各国で異なるそうです。

各国の4-MIの含有量(ug/12fl oz:355ml)は以下のとおり。

ブラジル  267
ケニア  177
中国  160
アラブ首長国連邦  155
メキシコ  147
イギリス  145
アメリカ(ワシントンDC)  144
日本  72
カナダ  56
アメリカ(カリフォルニア)  4

この結果を見ると、ブラジルで販売されているコカコーラが最も数値が高く、多くの発がん性物質が含まれていることになります。

日本のコカコーラは、355ml換算で72マイクログラムで、カリフォルニア州で販売されているコカコーラが4マイクログラムだったのに対し約18倍も多くなっています。

これだけの差が出る理由は、カリフォルニア州では4-MIを含む食品の規制があるようで、この規制に対応するためだとか。(カリフォルニア州では、4-MIを30マイクログラム以上摂取すると、10万人に1人の可能性で生涯のうちにがんにかかると見積もっています。)

ということは、4-MIを減らすことは可能なわけですので、日本も世界各国も発ガン性物質の少ないコーラを販売すべきではないでしょうか。

また、CSPIは、コカコーラの問題点はこの発ガン性物質のほかにも大きな健康リスクをもたらす大量の糖分にあり、コカコーラをはじめとする糖分を多く含む清涼飲料水の飲みすぎも警告しています。

日本ではコーラが500ml入りのペットボトルで販売されており、つい飲みすぎてしまうため、 500mlのコカコーラは販売すべきでないと言っています。

ちなみにアメリカでは355ml、ヨーロッパ・アフリカ・中国では330mlが標準のようです。

|

« レクサスIS モデルチェンジ情報2 | トップページ | 世界企業500社番付 日本は3位に後退 »

ニュース」カテゴリの記事