« 放射線量に関する緊急情報 福島県 | トップページ | これが原因? »

2012年6月29日 (金)

放射線量に関する緊急情報2 福島県

中部大学の武田教授のブログに福島県第一原発4号機に関する緊急情報の続報が掲載されましたので、紹介させていただきます。

----ここから----

緊急情報2 4号機の工事中止すぐ必要

毎時40マイクログレイ(ほぼマイクロシーベルト)の高濃度放射線が福島原発西(田村市(郡山の東隣))で観測されている。

昨日(2012年6月28日の午後5時から7時頃)であり、風は東北だったと考えられる。

福島原発周囲の線量が上がっていないことから、

1)4号機粉塵が田村市に落下した
2)他の原因
3)測定の誤り

の3つが考えられるが、科学的な結論としてはこのような時、「まずはデータそのものをそのまま受け入れる」ことから始めて、その場合の対策を練る。

田村市は避難する必要があり、郡山市は避難準備に入らなければならない。

また風向きが変わる可能性があるので、福島県を中心に警戒が必要である。

仮にデータに誤りがあっても、約16時間にわたって誤報を流すことは事の重大さ(人命に関わる)から、許されることではない。

安易に「データの間違い」と結論してはいけない。

ところで、1週間ほど前から始まっている福島4号機の工事について、地元や自治体は県民に警告を発していないようだ。

工事はかなりあらっぽく、動画を見ると放射性物質を大量に含む粉塵が作業によって舞い上がり、強い北東の風で福島原発の南西方向に飛散していた。

こんなことは原子力関係ではまったく許されることではない。

原発敷地境界で1年50ミリシーベルトを超えることは許されていない。

まずは4号機の工事を中止し、4号機全体にドームをかけてから工事にかからなければならない。

これは今回のデータに誤りがあっても同じである。

テレビ、新聞、福島県、国会は何をしているのか?

----ここまで----

|

« 放射線量に関する緊急情報 福島県 | トップページ | これが原因? »

原発・放射能」カテゴリの記事