« 子どもの貧困率 日本はワースト9位!! | トップページ | 国際通貨基金(IMF)、日本の消費税は最低でも15%に! »

2012年6月12日 (火)

がん細胞のみを狙い撃ち!!

がん治療への応用が期待される新たな仕組みが解明されました。

愛知県がんセンター研究所の稲垣昌樹部長らの研究グループによると、細胞分裂に必要なある酵素を取り除くと、

”がん細胞は死滅”

”正常な細胞は生存”

することを発見したとのことです。

この研究成果は米科学誌「ジャーナル・オブ・セルバイオロジー」に掲載され、正常な細胞への影響が少ないことを利用して、副作用の低い抗がん剤の開発が期待されます。

細胞分裂には、正常細胞やがん細胞にかかわらず、酵素「オーロラA」が働いています。

また、人間などの哺乳類の細胞にある突起物「一次線毛」は、各細胞に一つずつ存在し、細胞分裂を起こす時は隠れていますが、アンテナを伸ばすように細胞から突き出ると、細胞分裂が停止します。

がん細胞にはこの「一次線毛」が存在しないため、これを利用したがん治療が期待されていました。

稲垣部長によると、研究グループは人間の子宮頸がんの細胞と正常な網膜細胞をそれぞれ培養し、一次線毛の働きを抑え細胞分裂するのに必要な酵素「オーロラA」をそれぞれの細胞から取り除き、2、3日置いて観察しました。

すると、がん細胞の方は中途半端に細胞分裂が進み、異常な状態で停止した上、自浄作用が働き死滅しました。

一方、正常な細胞は一次線毛が飛び出し、正常な状態を保ったまま細胞分裂が休眠状態になることがわかりました。

休眠状態になっても、細胞はいずれ正常に活動するため、脱毛などの副作用が軽減され、抗がん剤の投薬量を増やせる可能性が高いとのことです。

つまり、オーロラAだけを抑制する治療薬の開発により、患者へのダメージが少ない治療が期待できるわけです。

研究チームは今後、子宮頸がん以外のがん細胞についても調べるとのことで、早く治療法が確立することを期待します。

|

« 子どもの貧困率 日本はワースト9位!! | トップページ | 国際通貨基金(IMF)、日本の消費税は最低でも15%に! »

ニュース」カテゴリの記事