« 不名誉なランキングー危険な車ランキングー | トップページ | トヨタ「 86 」とスバル 「BRZ」、米国でリコール »

2012年6月 6日 (水)

ロータリーエンジンで発電するEV車

マツダも頑張っています。

マツダと言えば独自技術のロータリーエンジン(RE)。

ロータリーエンジンとは、レシプロエンジン(ピストンエンジン)のピストンの代わりにローター(回転子)を用いたオットーサイクルエンジンです。

マツダのルーチェ、サバンナRX-7、RX-8、ユーノスコスモなどに搭載されていました。

構造の単純さにおいては2サイクル的であり、燃料を選ばないという面ではディーゼル的なエンジンです。

マツダは、燃料に水素を使用したロータリーエンジン、「水素ロータリーエンジン」も開発しています。

そして、その水素ロータリーエンジンを発電機として利用した電気自動車(EV)も開発中とのこと。

一度の充電で走ることができる距離を従来の二倍程度に延ばせるとのことですから、EVの弱手克服の一助になるのではと期待感が高まります。

実は開発は相当程度進んでいて、来年中にもこの技術を搭載したEVをまずは官公庁向けにリース販売する予定です。

山内社長によれば

「小型化のしやすさや安全性でロータリーの良さを生かせる」

とのこと。

既存のEVがスタンドやコンセントなどから充電して走行するのに対し、マツダのEVは走りながら充電します。

工場などで発生する水素を集め、ガソリンスタンドのような「水素ステーション」でEVに注入し、燃料とする構想とのことです。

ただ、この車が広く普及するためにはインフラの整備が重要です。

つまり「水素ステーション」の普及がカギ。

また、常に付きまとう課題として、水素燃料をどのように搭載するのかという問題があります。

水素吸蔵合金を使用すれば車重が重くなり、高圧水素タンクを使用すれば衝突時に爆発してしまう危険があるので悩ましい問題です。

いずれにせよ、様々な課題を解決し、新たな技術が出てくると

「日本の技術力はすばらしい」

とつくづく思います。

|

« 不名誉なランキングー危険な車ランキングー | トップページ | トヨタ「 86 」とスバル 「BRZ」、米国でリコール »

」カテゴリの記事