« 国際通貨基金(IMF)、日本の消費税は最低でも15%に! | トップページ | 恐怖の中で死んだバッタは土壌に悪影響を及ぼす? »

2012年6月14日 (木)

ノーベル財団財政難 賞金2割減へ

今年のノーベル賞受賞者への賞金が2割削減されます。

これまでは1000万スウェーデン・クローナ(約1億1100万円)でしたが、800万スウェーデン・クローナ(約8900万円)となります。

ノーベル財団は、ダイナマイトの発明者であ、賞の創設者である同国の化学者、アルフレッド・ノーベルの遺産を運用して賞金や運営費を賄っていました。

欧州の経済危機も影響し、ここ10年間、運用益が経費を下回る状況が続いたための減額という。

来年以降は未定とのこと。

賞金額は、2001年に900万スウェーデン・クローナから1000万スウェーデン・クローナに引き上げられていました。

ちなみに、ノーベルの遺産は当時で約3100万スウェーデン・クローナで、現在の価値で換算すると17億スウェーデン・クローナ(約189億円)に相当するとのこと。

ノーベルは遺言に、

「私のすべての換金可能な財は、次の方法で処理されなくてはならない。私の遺言執行者が安全な有価証券に投資し継続される基金を設立し、その毎年の利子について、前年に人類のために最大たる貢献をした人々に分配されるものとする。」

と残したそうです。

|

« 国際通貨基金(IMF)、日本の消費税は最低でも15%に! | トップページ | 恐怖の中で死んだバッタは土壌に悪影響を及ぼす? »

ニュース」カテゴリの記事