« 横浜市の小中学校の貯水槽から高レベル放射性物質検出!! | トップページ | 電気料金 マンションも値上げの対象! »

2012年4月 1日 (日)

ペットからエキノコックス感染、骨を食い尽くされた!!

ペットを飼っている方ご注意を!

犬などの小腸に寄生し、人間にも寄生する”エキノコックス”という寄生虫によって、足の骨を食べられてしまったという中国の少女がいるそうです。

エキノコックスは、日本では北海道に多いとされる寄生虫です。

何らかのことで人間の口から卵が入ると、その卵は腸の中で孵化し、血管に入り込み肝臓、肺、脳、骨などに寄生し増殖をはじめ様々な症状を引き起こします。

人間の体内では成長が遅いいと言われ、感染したから症状が現れるまで数年から十数年もかかる場合もあるそうです。

エキノコックス症は、人間では主に肝臓の病気とされていますが、先に紹介した中国の少女は足の骨に入り込まれ、骨を食べつくされてしまい、手術により寄生虫を駆除しましたが、食べられてしまった骨は回復の見込み無く人工関節を入れる結果になってしまいました。

肝臓に寄生した場合は、肝機能障害とともに”疲れやすい””右わき腹が痛い””黄疸がでる”などの症状を伴います。

一旦寄生されてしまうと、根治のためには、病巣部分を提出するしかないそうです。

しかも早期発見が大切とのこと。

切除が難しい場合は、アルベンダゾールという薬を使いますが、この薬は主にエキノコックスの成長を阻害し、増殖を抑制するという薬とのことです。

ペットは大切な家族、片時だって離れたくない。

私もその気持ちは同じです。

しかし、過度な接触は避け、次のようなことに留意しましょう。

・ペットの放し飼いを避ける
・ペットを清潔に保つ
・ペットに定期検査・予防を受けさせる
・触ったあとは必ず手を洗う

|

« 横浜市の小中学校の貯水槽から高レベル放射性物質検出!! | トップページ | 電気料金 マンションも値上げの対象! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事