« 首都直下地震に注意!! | トップページ | トヨタスモールハイブリッドコンセプト「FT-Bh」 »

2012年3月 9日 (金)

やっぱり・・・ 福島でプルトニウム241初検出!

放射線医学総合研究所などの発表によると、福島県葛尾村(原発の西北西25キロ)と浪江町(北西26キロ)、飯舘村(北西32キロ)、楢葉町のJヴィレッジ(南20キロ)、水戸市(南西130キロ)、千葉県鎌ケ谷市(南西230キロ)、千葉市(南西220キロ)で採取した土壌や落ち葉を調査したところ、浪江町と飯舘村の落葉の層から1キロあたりそれぞれ34.8ベクレルと20.2ベクレル、Jヴィレッジの表土から1キロ当たり4.52ベクレルのプルトニウム241(半減期14年)が検出されたようです。

そもそもプルトニウム241は国内ではほとんど検出されない核種のため、福島第一原子力発電所事故で拡散したと結論づけています。

文部科学省による昨年9月の調査結果では、同位体のプルトニウム238、239、240を検出していましたが、241は調査対象外でした。

最大濃度の落ち葉が採取された場所の今後50年間の被曝線量は0.44ミリシーベルトと試算。

研究チームでは、健康への影響はほとんどないとみています。

ただし、プルトニウム241が崩壊して生じるアルファ線やガンマ線を出すアメリシウム241(半減期432.7年)は豆類などの植物へ移行しやすいという研究結果があるため、研究チームは継続調査が必要としています。

|

« 首都直下地震に注意!! | トップページ | トヨタスモールハイブリッドコンセプト「FT-Bh」 »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事