« マンション上階の男児騒音に慰謝料支払い命令! | トップページ | 大使館増設、何でこの時期に・・・? »

2012年3月19日 (月)

ショック!! 観光地お台場から1万ベクレルの放射性セシウム検出!!

東京の観光地お台場、海浜公園駅前に立つ街路樹の植え込みの土壌から、1キロ当たり1万ベクレルを超える高濃度の放射性セシウムが検出されました。

結構、家族で遊びに行っていた場所だけに、この知らせを聞いた時はショックを隠せませんでした。

この調査は、日本共産党都議団が3月2日から4日にかけて、住民の要望が高かった足立区や江戸川区など5区15カ所を調査し、その結果を15日に発表したものです。

調査方法は地表約1センチの土壌を3日間採取し、ドイツ製の測定器で放射性セシウムの濃度を測定、平均値を出したとこと。

その結果は次のとおり。(ベクレル/キロ)

 ◆足立区東綾瀬公園雨水マス口周辺の土壌  12400

 ◆江戸川区江戸川土手下部民家側  20700

 ◆江戸川区江戸川土手下部河川敷側  13700

 ◆江戸川区江戸川土手下部河川敷側駐車場  12500

 ◆港区お台場街路樹の植え込み内の土壌  10600

これを見ると、お台場以外にも1万ベクレルを超えたところが4カ所あります。

最高値を検出した江戸川土手の民家側は国が放射性廃棄物を直轄処理する基準として設けた「8000ベクレル」を3倍近く上回っています。

この土手は誰でも自由に出入りが可能で、子供たちの散歩コースにもなっているようです。

また、土手沿いには民家や幼稚園、病院などが立ち並んでいるというから何らかの対策が急務なのではないでしょうか?

|

« マンション上階の男児騒音に慰謝料支払い命令! | トップページ | 大使館増設、何でこの時期に・・・? »

原発・放射能」カテゴリの記事