« 新型FRスポーツ車「86」 絶好調!! | トップページ | やっぱり・・・ 福島でプルトニウム241初検出! »

2012年3月 7日 (水)

首都直下地震に注意!!

関東地方にお住まいの方、ご注意下さい。

防災科学技術研究所の観測及び分析によると、東日本大震災の影響でフィリピン海プレートの沈み込みが加速し、関東地方を乗せた北米プレートとの境界部にひずみが蓄積しやすくなっているそうです。

つまり、

”首都直下地震などプレート境界型の大地震が起きやすくなった可能性が高い”

ということのようです。

この最新の分析結果は、5月の地震予知連絡会で報告されます。

東日本大震災後に加速しているということは、大震災の影響が関東のプレート境界にも及んでいることを示しています。

観測方法は、沈み込んだフィリピン海プレートの先端部がある茨城県南西部の地下約40〜60キロで、定常的に起きている微弱な地震の観測を通じ、その規模などから沈み込む速度を調べたとのことです。

この微弱な地震はプレート境界の滑りを示しているそうです。

その結果、大震災から3カ月間は少なくとも

”通常の約6倍”

に加速したことが判明しました。

速度は低下傾向にはありますが、現在も通常より速い状態のようです。

関東大震災を起こしたマグニチュード(M)8級の関東地震は、次の発生が約100年後とされていますが、首都直下地震のひとつである東京湾北部地震(M7.3)は切迫しており、発生が懸念されています。

地震の備え、しっかりとしておきましょう。

|

« 新型FRスポーツ車「86」 絶好調!! | トップページ | やっぱり・・・ 福島でプルトニウム241初検出! »

ニュース」カテゴリの記事