« 速報!福島第1原発2号機 82度に‼ | トップページ | 温度計の故障とほぼ断定! »

2012年2月13日 (月)

温度計の故障か? さらに温度上昇93.7度!

福島第1原発2号機で13日午前11時、上昇傾向を示していた圧力容器底部の温度が93.7度に達したそうです。

東京電力の保安規定で温度管理の上限を80度と定めていて、12日午後にこの基準値を超えたため、原子炉に注入する冷却水を毎時約3トン増やして過去最高レベルの計17.4トンにしていました。

にもかかわらず温度上昇を示したことから

「再臨界しているのでは?」

との可能性も指摘されていました。

東電では、念のため再臨界を防ぐホウ酸水を注入していますが、圧力容器底部にある別の温度計二つは30度台で、その外側の格納容器内も含め、全体的には温度が低下傾向を示しています。

また、核分裂で発生する放射性物質キセノン135も検出限界未満であるため、東電では核分裂が連続する「臨界」は起きていないとみています。

温度上昇を示している温度計のデータが12日昼頃から激しく上下するようになったことから、東電は、温度計が故障した可能性が高いとの見方を強めており、当面17トン以上の注水を維持して監視を続けることにしています。

当面、私たちも注視しておく必要がありますね。

|

« 速報!福島第1原発2号機 82度に‼ | トップページ | 温度計の故障とほぼ断定! »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事