« トヨタ「86」を4月6日に発売! | トップページ | 続報!福島第1原発2号機の温度上昇について »

2012年2月 6日 (月)

福島第1原発2号機 温度急上昇!!

昨日(5日)、東京電力は福島第1原発の2号機原子炉の圧力容器下部(底部ヘッド上部)にある温度計のうち、状況判断の基準とする西側の1カ所の温度が同日午後4時に71.7度に上昇したと発表しました。

先月27日には45度前後だったのですが、約10日間で25度程度と大幅に上昇していますが、同じ高さにある別の2カ所の温度計は45度程度で安定しているようです。

東京電力によれば、なぜこ1カ所の基準温度計だけが上昇しているのかわからないとのことですが、先月26日の配管工事でいったん注水の一部を止めて、注水を再開した際に原子炉の中の水の流れが変わり、溶け落ちた燃料の一部を十分に冷やせなくなった可能性もあるとみて調べています。

また、この基準温度計の不具合の可能性もあるとのことです。

現在は、冷却水の注入量を毎時1トン増やして、毎時9.6トンにして監視を続けるとともに、再臨界をしていないか確認するため、近く炉内のガスを分析することにしています。

経済産業省原子力安全・保安院が認可した新たな保安規定では、基準温度計の温度が80度に達するか、冷却水量を1日1トン超増やす場合は「運転上の制限逸脱」となり、地元自治体に通報することになっています。

|

« トヨタ「86」を4月6日に発売! | トップページ | 続報!福島第1原発2号機の温度上昇について »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事