« シボレー・ボルト 発火の恐れ! | トップページ | 中高生の柔道は危険? »

2012年1月11日 (水)

鏡開き

今日は1月11日。

正月に神に供えた鏡餅を下ろす日、すなわち「鏡開き」の日です。

そしてお供えしたお餅は、お汁粉にして食べるご家庭も多いと思います。

いつからこのような風習になったのでしょう?

これは、武家の具足開きから起こったとされています。

武家は鎧や兜に具足餅を供え、1月11日に刃物を用いず槌でそれを割って食べていました。

そうすると、勇気ある侍になれるとされていて、幕府がその具足開きとともに鏡餅を下ろしていた事で、11日の鏡開きの風習ができたようです。

鏡開きには、歯を丈夫にするため、神に供えた栗や餅などの固い物をかんでみる「歯固め」の意味もあるようです。

昔は歯科医がいなかったため、年のはじめに歯の健康を願う歯固めの儀礼を行っていました。

その歯固めで、年神様のお下がりである鏡餅を用いるとよいと考えられるようになり、鏡開きで歯固めも行われるようになったとされています。

乾燥して固くなった鏡餅を歯で噛み割るわけにもいかないので、槌で餅を割り、それを雑煮やお汁粉にして食べたのです。

|

« シボレー・ボルト 発火の恐れ! | トップページ | 中高生の柔道は危険? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事