« レクサスGS、発売!! | トップページ | 米イリノイ州の原発、緊急自動停止!! »

2012年1月31日 (火)

日本海側、大雪に注意!

気象庁が30日に発表したところによると、2月3日頃にかけて北日本から西日本の日本海側で大雪になるおそれがあるそうです。

日本の上空に強い換気が流れ込んでいるそうで、31日午後6時までの24時間に予想される降雪量はいずれも多い所で、

北陸100センチ
東北と長野が50センチ
近畿40センチ
北海道と岐阜が30センチ
中国20センチ

とのこと。

そして、新潟、長野両県では死者152人を出した平成18年豪雪に匹敵する積雪になる可能性もあるとのことです。

気象庁によれば、南米ペルー沖の水温が下がる「ラニーニャ現象」の影響で「亜熱帯ジェット」と呼ばれる気流が南へ蛇行し、大陸からの寒気が南下しやすい状況で、さらに、「寒帯前線ジェット」も蛇行し、日本の東に「ブロッキング高気圧」が発生するなど、寒気が滞留しやすい状況が続いているためだとしています。

平成18年豪雪もラニーニャ現象が原因の一つと考えられており、新潟県の津南町では4mを超える最深積雪を記録し、北海道、東北地方、北陸地方などの山間部や内陸部で12月の時点で歴代最深積雪の記録を塗り替えた地点がありました。

今回の大雪が降ると言われている対象地域の皆さん、雪には慣れていることと思いますが、念には念を入れてお過ごし下さい。

|

« レクサスGS、発売!! | トップページ | 米イリノイ州の原発、緊急自動停止!! »

ニュース」カテゴリの記事