« 鏡開き | トップページ | NEWレクサスGS 詳細判明!! »

2012年1月17日 (火)

中高生の柔道は危険?

名古屋大学の調査によると、学校での柔道による死亡者がダントツに多いそうです。

格闘技ですからそれなりのリスクはあるとは思っていましたが、まさかこんなに差があるとは・・・。

その調査によれば、柔道事故で死亡した中学、高校生は1983年〜2010年度の28年間で全国で114人(中学39人、高校75人)でした。

中高ともに1年生が半数以上を占め、計14人が授業中に死亡。

また、後遺症が残る障害事故も1983年〜2009年度で275件あり、そのうち授業中の事故は3割でした。

中学の部活動における競技別の10万人あたりの年間死者数(2000〜2009年度の平均)は、柔道が2.376人で、2番目のバスケットボール(0.371人)に比べても6.4倍の圧倒的に多い状況でした。

柔道事故は、受け身の習得が不十分なまま投げ技練習に参加したり、頭を打った後に適切な救急措置を受けられなかったりした生徒が死亡するケースが後を絶たないとのことで、名古屋大学の内田准教授は

「首の筋力などが未発達なうちに、安易に立ち技や乱取りを行わせるのは危険」

と警鐘を鳴らしています。

これから柔道をはじめようと考えている方、特に中高生は十分ご注意を!!

|

« 鏡開き | トップページ | NEWレクサスGS 詳細判明!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事