« なんと、70%もの確率でM7級の首都直下地震が発生!! | トップページ | 新年金制度、中高所得者は支給減! »

2012年1月24日 (火)

iPhone4対応のインナーヘッドフォン

iPhone4附属のイヤホンの音質では満足できなくなったため、iPhone4の操作や通話ができるインナーイヤーヘッドホンを物色していました。

候補はBoseのMIE2 mobile headset、SONYのXBA-1IP、そしてaudio-technica ATH-CKS90I。

何度か店舗で視聴し悩むこと数週間。

そしてついに昨日購入しました。

購入したのは、audio-technica ATH-CKS90Iです。

この製品は、ビジュアルグランプリ”VGP2012”のコントローラー/マイク付ヘッドホン(iPhone対応モデル等)部門で銀賞を受賞しています。

また、VGP2011においても、iPhone対応モデルではないATH-CKS90がインナーイヤー型ヘッドホン(1万円以上2万円未満)で金賞を受賞していますので、2年連続の受賞になります。

ATH-CKS90Iは、“圧倒的な低域表現”が体感できるヘッドホン<SOLID BASS(ソリッドベース)>シリーズのフラッグシップモデルというとおり、迫力ある重低音はパワフルでありながら、かつ、繊細な表現までバランスよく再生してくれます。

イヤホンの宿命といえば低音不足。

しかし、ATH-CKS90Iが鳴らす低音はオーバーヘッド型可のような感じで、低域から高域までバランスが取れていると思います。

中高域の再生もクリアで、いろいろなジャンルにもそつなく表現してくれそうな感じなので、私好みでした。

SONYのXBA-1IPは、ボーカルの音がはっきりしていて力強さがあり、とても鮮度あるサウンドといった印象です。

高域がやや高めに表現されている感じがし、ホントに若干ですが無理して出している感が感じられました。

この機種はオーケストラなどクラシック系統の演奏はやや苦手なのではないかと感じました。

ただ、ボーカルの解像度がすばらしいので、J-POPなどの楽曲を中心に聞く方にはいいと思います。

私は、ボーカルなしの音楽の方も幅広く聴く方なので、この製品は対象からはずしました。

上位機種のXBA-2も視聴しましたが、こちらはかなりレベルの向上がみまれました。

素人の私にもはっきりわかるくらいに。

上には上があるものですね。

しかし、予算の関係でXBA-2は対象外です。

最後まで迷ったのは、VGP2011の同部門で金賞受賞製品のBoseのMIE2 mobile headsetです。

MIE2 mobile headsetは高・中・低域バランスよく、密度が濃い感じの音質だと感じました。

BOSEらしい中低音の押し出し感は健在で、自然な音の広がり感もいい感じです。

ただ、ATH-CKS90Iを聞いてから再度試聴すると、やや迫力不足に感じました。

また、ATH-CKS90Iに比べ、再生遮音性がやや劣ること、電車の中での音漏れが心配なこと、価格が少し高いことなどから候補からはずしました。

今回いろいろ視聴してみて感じたことは、値段と比例して音質も格段によくなっていくこと、インナーイヤーヘッドホンを替えただけで、私のiPhone4がヘッドホンアンプを通したかのように音質が変わったということです。

ホント、インナーイヤーヘッドホンは進化していますね。

これからも楽しみです。

|

« なんと、70%もの確率でM7級の首都直下地震が発生!! | トップページ | 新年金制度、中高所得者は支給減! »

家電」カテゴリの記事