« NEWレクサスGS 詳細判明!! | トップページ | iPhone4対応のインナーヘッドフォン »

2012年1月23日 (月)

なんと、70%もの確率でM7級の首都直下地震が発生!!

東京大学地震研究所の研究チームが試算したところ、首都直下型地震が

”今後4年以内に70%の確率”

で発生するようです。

この数値は、切羽詰った恐ろしい確率です。

政府の地震調査研究推進本部の評価では、首都直下を含む南関東の地震の発生確率を

”30年以内に70%程度”

としていますので、かなり切迫度が上がった結果になっています。

東京大学地震研究所の結果は、昨年3月11日の東日本大震災をきっかけに、首都圏では地震活動が活発化を踏まえたもののようです。

気象庁の観測によれば、12月までにM3〜6の地震が平均で1日当たり1.48回発生しており、震災前の約5倍にはね上っています。

マグニチュードが1上がるごとに、地震の発生頻度が10分の1になるという地震学の経験則を活用し、今後起こりうるM7の発生確率を計算したとのことです。

今月に入り、このようなこともありました。

1月10日、東京港青海コンテナ埠頭の近くで、体長10メートルのクジラの死体が浮いているのが発見されました。

超音波に反応するといわれるクジラは、地震前に打ち上げられることが多々あるそうです。

また、ニュージーランドで地震が起こると、連動するかのように日本でも地震が頻繁に起こっているようです。

例えば、東日本大震災の発生は182人の犠牲者が出た昨年2月22日のカンタベリー地震(M6.1)の直後でした。

また、6月13日にニュージーランドでM6.0を観測した直後の23日に岩手県沖でM6.7、長野県中部でM5.4が起きています。

元日の鳥島近海のM7.0の地震の直前、12月23日にもニュージーランドでM5.8の揺れを観測しています。

実は、先に記したクジラの座礁。

1月6日にニュージーランドでも70頭ものクジラが座礁しています。

クジラの座礁、ニュージーランドとの地震の連動性を推測すると・・・

不気味です。

|

« NEWレクサスGS 詳細判明!! | トップページ | iPhone4対応のインナーヘッドフォン »

ニュース」カテゴリの記事