« 放射線量について(12/21 6:30頃時点) | トップページ | 放射線量について(12/22 7:15頃時点) »

2011年12月21日 (水)

放射能基準 5分の1に!!

厚生労働省は、食品に含まれる放射性物質の基準について、新しい基準の検討を進めてきました。

その結果、以下のような基準で薬事・食品衛生審議会に提案する方針を固めました。

<放射性セシウムの食品基準(1キロあたり)>

(暫定基準)
年間5ミリシーベルト
野菜類、穀類、肉・卵・魚・その他  500ベクレル
飲料水・牛乳・乳製品  200ベクレル


(新基準)
乳幼児用食品  50ベクレル
一般食品(野菜類、穀類、肉・卵・魚・その他)  100ベクレル
飲料水  10ベクレル
牛乳  50ベクレル

厚生労働省は、一定期間の経過措置を設け、来年4月から新たな基準を適用したいとしています。

私は、経過措置の間は、暫定措置の基準値で流通してしまうので、生産者や企業には厳しいとは思いますが、経過措置は設けないほうがいいと思います。

仮に経過措置を設けたとしてもごく短期間の方が国民の理解が得られやすいと思います。

いずれにせよ、このまま決定されればこれまでの暫定基準値よりかなり厳しい基準になりますので、より安心して生活することができることでしょう。

また、乳児用食品の基準がほかの食品と分けて示された点も消費者に分かりやすくいいことだと思います。

|

« 放射線量について(12/21 6:30頃時点) | トップページ | 放射線量について(12/22 7:15頃時点) »

原発・放射能」カテゴリの記事