« 放射線量について(11/15 6:30過ぎ時点) | トップページ | 新型レクサスGS 24年1月26日に発表・発売!! »

2011年11月15日 (火)

北海道、中国・四国地方にも拡散か?

名古屋大学などの研究チームによると、福島第一原子力発電所の事故により放出された放射性物質は、北海道や中国・四国地方にまで拡散し、土壌に沈着した可能性があると発表しました。

この研究チームでは、原子力発電所事故のあとの3月20日から1か月間、各地で実際に計測された放射性物質のデータを地球全体の大気輸送モデルと組み合わせ、シミュレーションを行いました。

その結果、事故で放出されたセシウム137の一部は、北海道や中国・四国地方にまで拡散し、雨などの影響で土壌に沈着した可能性があることが分かったということです。

土壌1キログラム当たりの濃度は、高いところで、北海道東部の一部で250ベクレル、中国・四国地方の山岳部で25ベクレル程度とみられ、研究チームでは、

「除染が必要なほどではないものの、全国で土壌調査を行うべきだ」

としています。

昨日、文部科学省の汚染マップについて、東日本地域がほぼ出揃った旨を紹介させていただきましたが、このシュミレーション結果をみると、日本全国で調査を進める必要がありそうです。

|

« 放射線量について(11/15 6:30過ぎ時点) | トップページ | 新型レクサスGS 24年1月26日に発表・発売!! »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事