« 放射線量について(11/9 6時過ぎ時点) | トップページ | イオン 放射性物質微量検出でも販売見合わせ!! »

2011年11月 9日 (水)

自動的に充電、スマートフォンで呼び出し 日産PIVO3

日産自動車は、12月に開催される東京モーターショーに出品する電気自動車(EV)のコンセプトカー「PIVO(ピボ)3」を発表しました。

この「PIVO3」は、2005年の『PIVO』、2007年の『PIVO2』の流れをくむコンセプトカーで、全長2.8mのコンパクトな車体にインホイールモーターを採用した3人乗りのシティコミューターです。

この「PIVO3」は、充電を”自動”で行います。

次世代型都市「スマートシティー」の駐車場と連動し、運転手が決められた場所で降りると、自動で駐車位置に移動し、非接触充電システムで充電します。

また、スマートフォンなどで呼び出せば所定の乗車位置にもやってくるという、少し前ならアニメに出てくるような夢のような機能を持っているのです。

ものぐさな私にもピッタリです(笑)

デザインコンセプトは“New Stance”と“Bold Surface”だそうで、エクステリアデザインはシャープでダイナミックな感じで、スポーティー感もあります。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=2800×1650×1520mm(ホイールベース=1900mm)。

四隅には、「PIVO2」から継承されたモーター内蔵式のホイールを採用しています。

これにより普通のクルマに比べて大きな舵角が得られます。

また、前後輪で異なる(後輪側のほうが狭い)トレッドの作用により、内輪差・外輪差の無いコーナリングが可能となっており、最小回転半径も2mと小回りが利きます。

ドライバーが必要とする情報を適切に伝えてくれる、“クルマとのコミュニケーションツール”「ロボティック・エージェント」も先代より進化した形で搭載されています。

東京モーターショーで是非チェックしたい車の一台です。

|

« 放射線量について(11/9 6時過ぎ時点) | トップページ | イオン 放射性物質微量検出でも販売見合わせ!! »

」カテゴリの記事