« レクサスLFA ニュルブルクリンクパッケージ 東京モーターショーで展示へ | トップページ | 放射線量について(11/25 6:45過ぎ時点) »

2011年11月24日 (木)

「プリウスPHV(プラグイン・ハイブリッド)」 東京モーターショー出展へ

ハイブリッド車の代名詞となったトヨタ「プリウス」。

その「プリウス」のプラグイン・ハイブリッド車「プリウスPHV」が2012年初頭に発売されますが、発売に先駆けて、東京モーターショーに出展されることになりました。

今のところトヨタから出ている情報によれば、官公庁や法人を対象にリースしているモデルの燃費57km/Lや満充電でのEV走行距離23.4kmを上回る環境性能を目標にしているようです。

ボディサイズは、全長4,480mm×全幅1,745mm×全高1,490mm、ホイールベース2,700mm。

新開発のリチウムイオン電池を搭載予定で、このリチウムイオン電池は、容量を減らしながらも、効率を高めEV走行は現行モデルと同等とのことで、電池の容量を減らしたことで、軽量化にも成功し、総合的な燃費もアップしている。

その結果、燃費は61km/Lとのことで、既に北米で発売されている現行プリウスPHVが57km/Lなので、約7%程度のアップを達成しています。

また、プリウスPHVの電源を家庭用に使えるように、H2V Manager(エイチツーブイ・マネージャー)も開発しており、日産の電気自動車(EV)「リーフ」と同じような機能を持たせています。

このH2V Managerは、家庭内のPC、テレビやスマートフォンから有線/無線の通信回線を介して、PHV、EVの充電開始時間を設定・変更できるほか、家庭内の総電力消費量のチェックや、充電時の電力使用量の増加によるブレーカー落ちを未然に防止するため、PHV、EVの充電を一時中断し、その後、電力消費に余裕ができると、充電を再開するなどの機能を持っているツールです。

このツールは、2012年1月より、トヨタホーム(株)を通じて販売を開始する予定です。

となると、プリウスPHVの発売も2012年1月?ということなのでしょうか。

さて、気になるのはお値段です。

すでに北米のプリウスPHVの価格動向から想像すると、300万円前後ではないかと予想されます。

私は、電気自動車(EV)にはその走行距離や急速充電器等のインフラ整備の面で不安があり、購入には踏み切れません。

その点、このプリウスPHVは、EVとハイブリッド車の狭間を埋めるクルマといえると思います。

|

« レクサスLFA ニュルブルクリンクパッケージ 東京モーターショーで展示へ | トップページ | 放射線量について(11/25 6:45過ぎ時点) »

」カテゴリの記事