« 放射線量について(10/3 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(10/4 7:30過ぎ時点) »

2011年10月 3日 (月)

北極圏のオゾン層も大規模破壊!!

国立環境研究所など欧米8カ国の研究チームは、今年春に北極上空でこれまでにない規模のオゾン層破壊が進み、南極にできるオゾンホールに匹敵する大きさになったのを初確認したと発表(イギリスの科学誌「ネイチャー」に掲載)しました。

北極上空では南極より冬の気温が高く、オゾンを壊す物質ができにくいとされてきましたが、今年は北極圏上空の成層圏に、過去30年間で最強の低気圧性の渦「極渦(きょくうず)」が発生し、氷点下80度以下の低温状態が長期にわたり続いたことが原因のようです。

本来はオゾン層で遮られる生物に有害な紫外線の増加が懸念され、今後、北極圏周辺の北欧やロシアなどで、環境への影響が懸念されると警告しています。

この調査は、人工衛星や観測用の気球を使ってオゾン濃度の測定と分析を続けたもので、その結果、ことし3月から4月にかけて成層圏でオゾン層の破壊が急速に進み、最大で長さ3000キロ、幅1000キロほどの範囲にあるオゾン層の40%が破壊されたとみられるということです。

南極圏の上空ではオゾンホールが確認されていますが、研究グループはこれに匹敵する規模で北極圏の上空でも大規模なオゾン層の破壊が起きていることが初めて確認できたとしています。

この影響で3〜4月にスカンディナビア半島やロシア北部で成層圏中のオゾンの濃度が低くなった領域が広がり、人の居住する地域でも有害な紫外線が増加したとみられます。

オゾンが薄い領域は4月下旬、「かけら」のようにちぎれて日本の本州付近上空も通過したと見られるとのことです。

北半球は緯度が高い地域にも人口が多いため影響が心配されます。

|

« 放射線量について(10/3 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(10/4 7:30過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事