« 放射線量について(10/7 9時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(10/8 20時頃時点) »

2011年10月 7日 (金)

東京、神奈川の汚染マップ公表 一部で10万ベクレル超!

原発事故を受けて文部科学省が行っている上空から放射線量を測定する調査で、10月6日、新たに東京都と神奈川県の結果が公表されました。

東京都内では葛飾区や奥多摩町、神奈川では山北町など一部で比較的高い汚染が確認されましたが、首都圏での広がりは見られなかったようです。

それによれば、東京都の大半は土壌1平方メートル当たり1万ベクレル以下でしたが、多摩地区では同10万ベクレル超〜30万ベクレル以下の地域があったほか、葛飾区東部では同6万ベクレル超〜10万ベクレル以下でした。

神奈川では山北町、相模原市緑区、清川村の一部は1万ベクレルを超えましたが、それ以外の地域は1万ベクレル未満でした。

今までの調査結果を見てみると、必ずしも距離に比例していないことがよくわかります。

可能ならば、公表された汚染マップ上に、その地域で1年間暮らした場合、一体どれくらい被ばくするのか(年間被ばく線量)が記載されていればいいと思うのですが・・・。

今回の公表により関東の1都6県が出そろい、福島、宮城、山形を含めて計10都県の結果が発表されたことになります。

文科省によれば、青森県から岐阜県までの22都県で実施を計画しており、残る12県についても年内の公表を予定しているとのことです。


詳細は、文部科学省ホームページに掲載されています。

|

« 放射線量について(10/7 9時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(10/8 20時頃時点) »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事