« 放射線量について(10/24 7:30頃時点) | トップページ | 放射線量について(10/25 6:45過ぎ時点) »

2011年10月24日 (月)

放射線量等分布マップ拡大サイト

文部科学省は18日、「文部科学省放射線量等分布マップ拡大サイト」(サイト作成者は、日本地図センター及び独立行政法人日本原子力研究開発機構)を一般公開しました。

これは、東京電力(株)福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の影響を詳細に確認できるようにすることを目的として、「放射性物質の分布状況等に関する調査研究」で作成した放射線量等分布マップ及び、走行サーベイマップ並びに、文部科学省が実施している様々なモニタリングの結果をもとに作成したものです。

「文部科学省放射線量等分布マップ拡大サイト」はこちら

現在、この拡大マップには以下の情報が掲載されています(電子国土版、PDF版)。

・土壌調査地点における線量測定マップ(2011年8月2日公表)

・福島第一原子力発電所から100km圏内及びその圏外の福島県における走行サーベイマップ(2011年8月2日公表)

・セシウム134、137の土壌濃度マップ(2011年8月30日公表)

・文部科学省による航空機モニタリングの測定結果(空間線量率の測定結果、地表面への放射性セシウムの沈着量)(2011年5月6日公表以降)

文部科学省では、今後、新たな測定結果が得られ次第、現在掲載しているマップを更新していくとともに、新たな種類のマップが作成され次第、必要に応じて「文部科学省放射線量等分布マップ拡大サイト」において公開していく予定としています。

|

« 放射線量について(10/24 7:30頃時点) | トップページ | 放射線量について(10/25 6:45過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事