« 放射線量について(10/17 12:15過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(10/18 8時過ぎ時点) »

2011年10月17日 (月)

放射性物質に汚染されている瓦礫引き受けについての考察

中部大学の武田邦彦教授のブログに、放射性物質に汚染されている瓦礫の引き受けについての考察が掲載されています。

「瓦礫はあまり汚染されていないから大丈夫・・・」

という訳にはいかないようです。

ここに全文引用させて頂きます。

-----ここから-----

多くの自治体で瓦礫を引き受けることになり、心配が拡がっています。

瓦礫を引き受けるのは自分たちの住む場所が少しずつ汚染されていくことであり、必ず阻止しなければなりません。

でも、「瓦礫はあまり汚染されていないので大丈夫」と言われますから、その反論を以下に書きました。

1)「量が少ないから大丈夫」という説明について

福島原発から漏れた死の灰の量は80京ベクレル(公式発表)で、日本人一人あたり約65億ベクレルになります。

一方、セシウムは半減期が30年であり、ストロンチウムなどの放射性元素もありますから、ほぼ30年は被曝することを覚悟しておかなければなりません。

今、10歳の子供なら、40歳まで被曝します。

30年間というのは約1万日ですから、仮に毎日、死の灰を処理できたとしても、毎日65万ベクレルの負担になります。

人間は1日約1キログラムの食材、1キログラムの水をとりますので、この死の灰で汚染されたら1キロ30万ベクレルほどになります。

食材の暫定基準値が500ベクレル程度であることを考えると、とんでもないことになることが判ります。

実際には死の灰は毎日、消滅することはなく、蓄積していきますから

「量が少ないから大丈夫」

と言っていると、取り返しのつかないほど汚染されていくということです。

汚染されたものは数100億円で建設ができる焼却炉を福島原発の近くに作り、そこで処理するしか無いのです。

2)「量」と「濃度」の錯覚に騙されないように

東京都のある区では

「瓦礫の汚染度は低いので大丈夫です」

と言い、たとえば1キログラムあたり4000ベクレルなどの基準を設けています。

第一の問題点は、この数値は焼却前です。

焼却によって体積が10分の1になりますから、濃度は10倍になり4万ベクレルとなります。

4万ベクレルはセシウムの場合、法律で除去しなければならないレベルですから、もともと汚染されていない場所に「汚染物質を持ち込む」という結果になり、法律(このブログに示してあります)としても違法行為になります。

第二の問題点は、1キログラム4000ベクレルというのは「濃度」ですが、その瓦礫を1万トン受け入れますと400億ベクレルになり、受け入れるところの住民の数が1万人とすると、一人あたり400万ベクレルを背負うことになります。

これは上の説明でも判るように大変な量です。

また、

「1年1ミリシーベルト以下の被曝にしかならない」

という説明もあるようですが、被曝は足し算で、食材の暫定基準値だけでも1年5ミリですから、水、普通の空間(例えば山形の場合は、0.125マイクロ×8760=約1ミリシーベルト)などを足しますと、子供たちが1年10ミリに近い被曝を受けることになります。

理由は不明ですが、自治体も専門家も常に「被曝は足し算」を忘れています。

この足し算は、

1)瓦礫、水、食材、空間、土煙などからの被曝をすべてを足す、
2)風で流れてきた汚染、食材が運び込まれた汚染、自動車のタイヤについてきた汚染、瓦礫を運び込んだ汚染・・・などを足す、

の2つの足し算です。

「少しでも自分の土地に住む子供の被曝を減らしてあげよう」

と思ったら、心配ですから必ず足し算をするはずです。

-----ここまで-----

|

« 放射線量について(10/17 12:15過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(10/18 8時過ぎ時点) »

原発・放射能」カテゴリの記事