« 放射線量について(9/28 6:15過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(9/29 6:30頃時点) »

2011年9月28日 (水)

群馬県北部も高放射線地域!

9月27日、文部科学省は群馬県の土壌表面に蓄積した放射性セシウムの汚染マップを公表しました。

この汚染マップは、8月23日〜9月8日の間にヘリコプターを使って放射性セシウムの蓄積量を測定したものです。

これを見ると、東京電力福島第一原発事故によって飛散した汚染の高い地域の帯が、原発から北西60キロ付近まで延びた後、南西に方向を変えて栃木県を越え群馬県まで続き、250キロを超えて広がっていることが分かります。

そして、放射性セシウム134、放射性137の合計量が1平方メートルあたり10万〜20万ベクレル台の比較的高い数値の地域が、群馬県北部の山間部にも点在していることがわかりました。

最も高い値だった場所は、群馬県みどり市の北部で28万ベクレルの値でしたが、この場所は渓谷で住宅などはないとのことです。

さらに250キロ離れた長野県境の一部でも3万ベクレルを超える線量を検出しています。

参考までに、チェルノブイリ原発事故では3万7千ベクレル以上が「汚染地域」とされていました。

一方、空間線量の最高値は毎時0.001ミリシーベルトで、年換算で許容される被ばく線量の(1ミリーベルト)の5倍に達していたということです。

文科省によれば、放射性物質を含んだ雲が山地に沿って風に運ばれ、樹木や雨によって地上に沈着したと推測できるということです。

|

« 放射線量について(9/28 6:15過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(9/29 6:30頃時点) »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事