« ロシア極東関税 放射線検出で61物品積戻し | トップページ | 放射線量について(8/3 12時過ぎ時点) »

2011年8月 3日 (水)

腐葉土の放射性セシウムの暫定許容値を設定

農林水産省は、腐葉土を含む肥料などについて、放射性セシウムの濃度が1キログラム当たり400ベクレルを超えるものについては使用しないよう全国に通知しました。

この基準値は標準的な使い方で40年以上にわたって農地で使っても、原発事故以前の農地の放射性セシウムの最高値を上回らないように設定されたということです。

目安を超えた肥料などについては、放射性セシウムの濃度が1キログラム当たり8000ベクレル以下は処分場などで埋め立て処分できるとしたうえで、8000ベクレルを超えるものは個別に評価して処分方法を検討することにしています。

また、牛などの家畜の餌に含まれる放射性セシウムの目安として、1キログラム当たり300ベクレルを超えるものは与えないよう求めるとともに、魚の餌に含まれる放射性セシウムの目安は1キログラム当たり100ベクレルを超えるものは使用しないよう求めています。

農林水産省は「肥料などに含まれる放射性セシウムの検査の方法については現在検討中で、近く都道府県に連絡したい」としています。

|

« ロシア極東関税 放射線検出で61物品積戻し | トップページ | 放射線量について(8/3 12時過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事