« レクサスGS350 次期モデル初披露!! | トップページ | 茨城県鉾田市の玄米から微量のセシウム検出 »

2011年8月19日 (金)

次期レクサスGS350の車両概要

○全長4850mm、全幅1840mm、全高1455mm、ホイールヘ゛ース2850mm

○「L-finesse」の新たな可能性を追求し、確立した「スピンドルグリル」が、次世代レクサスデザインの記号性と、圧倒的な存在感を創出

○3.5LV型6気筒エンジン「2GR-FSE」を搭載。世界最先端技術のD-4Sシステムの継承と制御の一新により、クラス世界最高レベルのエンジン性能を実現

○エンジン最高出力228kw(306hp)/6400rpm、エンジン最大トルク375N・m(277lb・ft)/4800rpm

○トランスミッションは6Super ECT

○駆動方式は2WD(FR)・AWD

○プラットフォームを一新するとともに新開発のサスペンションを採用。走る・曲がる・止まるという走りの基本性能を飛躍的に進化させ、優れたコーナリングパフォーマンスなどによる楽しさと快適かつ硬質な乗り心地を両立

○ドライバーの嗜好や様々なシーンに応じて、意のままに車を走らせる楽しみを広げるため、「ECO」「SPORT S」、そして「SPORT S+」のドライブモードセレクトを採用
   ・ 「SPORT S+」モードでは、「SPORT S」モードで行うパワートレーン制御に加え、シャシー制御システムと協調し、ステアリング操舵特性に応じた車両応答の制御も採用

○ドライビングポジション及びシート性能の見直しにより、運転操作性を向上し、正確かつ疲れにくい運転姿勢の維持に貢献。また、後席スペースや装備、シート性能に対し快適性を追求。ドライバーだけでなく、全ての乗員に対し、次世代レクサスの中核を担うセダンとしてのおもてなしを実現

○一新したプラットフォームを最大限に生かし、後部サスペンションタワーの室内への張出しを削減するとともに、荷室上部の開口面積を拡大。クラストップとなる広い荷室空間と優れた積載性を実現

○お客様がレクサスとの上質で有意義な“時”を刻むという意を込め、レクサス初となるアナログクロックを採用

○世界初となる12.3インチの大型ディスプレイを設定。より多くの情報を見やすく表示可能とすることで、使いやすさとともに視認性を向上

※日本での発売は2012年初頭を予定。ハイブリッド車、スポーツバージョン”F SPORT”については順治発表予定。

|

« レクサスGS350 次期モデル初披露!! | トップページ | 茨城県鉾田市の玄米から微量のセシウム検出 »

」カテゴリの記事