« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月31日 (水)

放射線量について(8/31 8:45頃時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市、柏市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月31日(水)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
    8:46時点   約14.4cpm  (約0.120μSv/h)

[国分寺市]
    8:45時点   約16.1cpm  (約0.134μSv/h)

[日野市]
    8:44時点   約14.4cpm  (約0.120μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
    8:48時点   約22.0cpm  (約0.183μSv/h)

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
※市川市については、測定時刻の表示がなくなってしまっているため掲載を一時中断させていただきます。

[柏市]
    8:48時点   約21.1cpm  (約0.176μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月30日 (火)

セシウム汚染土壌マップ発表 34地点がチェルノブイリ移住基準超

福島第一原発の事故により放出された放射性物質による土壌汚染の広がりを詳細に調べた地図が公表されました。

この地図は、文部科学省が6月から7月にかけて、福島県を中心に2200余りの地点で測定し土に含まれる放射性物質の量などを基に作成したものです。

この調査に際しては、延べ129機関、780人が協力しています。

そして、80キロ圏内は2キロ四方、80〜100キロ圏内は10キロ四方に1カ所の割合で、それぞれ5地点で深さ5センチの土を採取し計測しました。

今回の計測では、6月14日時点の、半減期が2年のセシウム134と、半減期30年の137の値を算出しています。

調査結果を見ますと、最も高い値を示したのは、福島第一原発から数百メートルに位置する大熊町の地点で、放射性セシウムの濃度が1平方メートル当たり2946万ベクレルにもなっていました。

この値は、IAEAが緊急事態の対応として一時的な住居の移転などを求める放射性物質の濃度、1平方メートル当たり1000万ベクレルを超え、極めて高いレベルとのことです。

今回の調査では、ほかに原発から北西方向の双葉町や浪江町の一部の地点でもこのレベルを超えていました。

チェルノブイリ原発事故の場合、1平方メートル当たり55万5000ベクレルを超える区域で一時的な住居の移転が求められましたが、今回の調査では、こうした地点は約8%にも上っています。

多くは警戒区域や計画的避難区域などに指定されている地域ですが、福島市や本宮市、郡山市などの一部でも超えていたということです。

一方で、土壌汚染の度合いは、原発からの距離とは必ずしも一致せず、原発から北西方向や、福島市から栃木県の那須塩原市の方向に帯状に高い汚染地域が広がっていました。

政府は、今回作成した地図を、住民の被ばく量の評価や、除染の計画作りなどに役立てたいとしていて、今後も継続的に調査を行うとしています。

|

まだトリックを使う放射線の専門家

中部大学 武田邦彦教授のブログの紹介です。

このブログを読むと、私たちは報道に惑わされないよう自衛しなければならないことがよくわかります。


-----ここから-----

もう、そろそろトリックを使うのは止めるのではないかと思っていると、今朝も「お米の汚染」で専門家が二つのトリックを使っていた。放送したのはNHK。

・・・

トリック1:足し算をしない常套手段

お米の放射性物質の量が50ベクレルぐらいだったことをあげて、「毎日お米を食べても**シーベルトにしかならない」と「足し算のできない東大教授」と同じことを言っていました。

世の中でお米しか食べないなら、この計算で良いのですが、水道水も、お米も、汚染された肉も、ベクレルが表示されていない牛乳も、関東産しか買えない野菜も食べる子供たちのことをまったく考えていません。

事故の前、水道局は「国民は水だけを飲んで生きているのではない」と書き、「水は1年1ミリシーベルトを10分の1にした0.1ミリシーベルトを基準として水質を確保する」としています。

食品は全体の0.1から0.2ぐらいでしょうから、合計で1年0.1ミリか0.2ミリになり、お米だけならさらにその10分の1を設定するべきでしょう。

・・・

トリック2:自然放射線との関係

解説者は「お米のセシウムより、自然の中にあるカリウムの放射線の方が大きい」と見当違いのことを言っていました。

自然放射線と人工的な放射線を比較すると、次の基本的な違いがあります。

もちろん専門家としてNHKの解説にでるような人はそれは十分に知っていますから、奇妙です。

NHKは東電債権を大量に持っていますから、東電の応援をするのはある意味で当然ですが、専門家はそんなこととは独立でなければなりません。

でも、私たちは自衛しなければなりませんから、ここで書いておきたいと思います。

1)自然災害があるから、人を殺して良いことにはならない
台風や地震などで人が死ぬことがありますが、だからといって人間が人を殺せば殺人罪になります。自然放射線は日本に住めばある程度の被曝を浴びるのですが、だからといって東電という私企業が日本人を被曝させて良いということにはなりません。

2)日本人は日本の放射線で体ができている
黒人の肌が黒く、白人は白いように人間はその土地の自然に合わせて体を作ってきました。だから、日本人の場合、1年1.5ミリシーベルトでもっとも発がんなどが低い状態にあり(これをホルミシス効果といいます)、それに東電が1ミリを出すと、2.5ミリになります。1.5ミリから「足される分」はそのままガンの発生を増やすというのが今までの放射線防護の考え方です。

3)結論としては、新米はまだ暫く買わない方が良いと思います。もしどうしても買うならキログラムあたり20ベクレル以下の表示のあるものが良いと思います。

専門家の皆さん、自分はご存じなのですから、「国民を騙す」というのを止めた方が良いとおもいます。

安心して暮らすには「たとえ自分の意見と違っても事実を伝える」ということがひつようです。

そうしないとますます多くの人は不安になります。

-----ここまで-----

|

放射線量について(8/30 8:30頃時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市、柏市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射 線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月30日(火)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
    8:26時点   約14.3cpm  (約0.119μSv/h)

[国分寺市]
    8:24時点   約15.9cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
    8:24時点   約14.5cpm  (約0.121μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
    8:25時点   約21.6cpm  (約0.180μSv/h)

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
※市川市については、測定時刻の表示がなくなってしまっているため掲載を一時中断させていただきます。

[柏市]
    8:34時点   約21.4cpm  (約0.178μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
    8:29時点   約12.8cpm  (約0.107μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月29日 (月)

大京のライオンズマンション 構造欠陥で建て替え

こんなことがあるのだろうか?

ベランダの壁のタイルをはがすと、次々と発泡スチロールや木枠、網等が出てきた。

これは、分譲マンション大手の大京が平成8年から販売した川崎市川崎区の築14年のライオンズマンション京町(7階建て、72戸)での出来事。

柱への発泡スチロールなどの異物混入や鉄筋不足など構造上の欠陥が判明したため、大京と施工会社が費用を全額負担して異例の建て替えをするという。

この物件は、平成9年3月に完成しました。

施工は東亜建設工業でしたが、実際は都内の別の建設業者に工事を一括外注。

平成20年ごろから一部の部屋で雨漏りするようになり、21年に住民の管理組合が業者に依頼して補修工事や調査をした結果、ベランダの柱と梁の結合部分などに発泡スチロールや木材の混入と空洞が確認されたとのことです。

また、柱の鉄筋が設計図より不足しているなど、構造上の欠陥も複数見つかり、大京が委託した第三者機関の審査でも、強度の基準を満たさない恐れのある階があると指摘されました。

東日本大震災でも建物は大きく揺れ、壁面に複数のひび割れが生じました。

欠陥を目の当たりにした住民たちは「これはひどい」と絶句。

それは当然でしょう。

管理組合は修繕での対応は不可能として建て替えを要求したところ、大京と東亜建設工業が建て替え費用約16億6千万円と引っ越し代などを払うことで今年3月に合意したとのことです。

今後解体し、来年夏に着工、25年完了の予定のようです。

大京によれば、

「築十数年であれば通常は修繕工事で済むので、こうした建て替えは過去に例がない。あってはならないことで反省している。住民の不安解消のため、誠心誠意対応している」

と述べ、

東亜建設工業も

「元請けとして建て替えには真摯に対応したい。工事の外注先は大京から紹介された業者で、その後会社を分割して別会社になっており、施工不良の原因は問い合わせたが分からなかった」

と説明しています。

ここまで悪質な手抜き工事を聞いた時は私もびっくりです。

と同時に、私のマンションは大丈夫かとも心配になりました。

しかし、なぜこのような工事が行われ、なぜ大京や元請け会社が見抜けなかったのでしょうか?

建設工事を一括して下請けに出す「丸投げ」は平成18年の建設業法改正で全面禁止されていますので、それ以降の物件は大丈夫だと信じたいですが、業界の体質はすぐに替えられるとはなかなか考えにくいですよね・・・。

|

放射線量について(8/29 8:30頃時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市、柏市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月29日(月)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
    8:32時点   約14.4cpm  (約0.120μSv/h)

[国分寺市]
    8:29時点   約15.9cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
    8:33時点   約14.6cpm  (約0.122μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
    8:33時点   約22.1cpm  (約0.184μSv/h)

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[柏市]
    8:37時点   約21.2cpm  (約0.177μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
    8:27時点   約12.9cpm  (約0.108μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月28日 (日)

放射線量について(8/28 12:30過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月28日(日)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
   12:34時点   約14.4cpm  (約0.120μSv/h)

[国分寺市]
   12:31時点   約15.9cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
   12:34時点   約14.7cpm  (約0.123μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
   12:32時点   約21.4cpm  (約0.178μSv/h)

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
※システムエラーが発生しているようです。

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
   12:36時点   約12.8cpm  (約0.107μSv/h)

あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月27日 (土)

放射線量について(8/27 9:15過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月27日(土)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
    9:25時点   約14.4cpm  (約0.120μSv/h)

[国分寺市]
    9:23時点   約16.0cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
    9:24時点   約14.6cpm  (約0.122μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
    9:25時点   約22.0cpm  (約0.183μSv/h)

[市川市]
    9:25時点   約20.4cpm  (約0.170μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
    9:28時点   約12.8cpm  (約0.107μSv/h)

あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月26日 (金)

放射線量について(8/26 6:45過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月26日(金)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
    6:52時点   約14.2cpm  (約0.118μSv/h)

[国分寺市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[日野市]
    6:53時点   約14.7cpm  (約0.123μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
    6:50時点   約22.0cpm  (約0.183μSv/h)

[市川市]
    6:52時点   約20.7cpm  (約0.173μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
    6:53時点   約12.8cpm  (約0.107μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月25日 (木)

放射線量について(8/25 6:30頃時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月25日(木)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
    6:41時点   約14.4cpm  (約0.119μSv/h)

[国分寺市]
    6:39時点   約15.9cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
    6:38時点   約14.6cpm  (約0.122μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
    6:38時点   約22.5cpm  (約0.188μSv/h)

[市川市]
    6:40時点   約20.5cpm  (約0.171μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
    6:39時点   約12.8cpm  (約0.107μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月24日 (水)

レクサスGS スポーツバージョンを予告

8月18日、米国でワールドプレミアしたばかりの新型『GS』。

スポーツバージョン”F SPORT”については順治発表予定としていましたが、早速、その”F SPORT”が予告されました。

予告は22日に、レクサスUSAが公式Twitterページで公開したものです。

そのTwitterでは、レクサスGS”F SPORT”のティーザー画像が配信されています。

公表された写真からは、ノーマルのGSとは異なるバンパー形状やメッシュデザインのフロントグリル、フェンダーの「F」エンブレムなどが確認できるとのことです。

新型GSは、「社長直轄」の特別チームが開発したとのこと。

そして豊田社長は開発の節目ごとに、新型GSのプロトタイプにドイツ・ニュルブルクリンクで試乗を実施。

その走行性能の高さに新型GSの開発に携わったエンジニアを、いい意味で「クレイジー」と表現し敬意を示したといいます。

豊田社長は、

「2012年、レクサスは改良モデルを含めて、9の新車を発売する」

と宣言しており、新型GSが、新しいレクサスのスタートだとしています。

ますますレクサスに対する期待が高まりますね。

|

食品の抜き打ち放射性物質検査って・・・

福島原発事故後7月末までに、東北、関東などの14都県のうち、約100市町村を産地とする農産物は一度も放射性物質検査が実施されていないことがわかりました。

厚生労働省は、

「得られるデータは消費者にとって大きな指標。産地間で検査に濃淡があってはいけない」

として、検査実績の少ない市町村産の食品を中心に、

“抜き打ち検査”

を実施する方針を決めました。

抜き打ち検査ですよ???

生産者は放射線の被害者なのに・・・。

そして、消費者は食の安全を求めて全ての食品の検査を求めています。

抜き打ちというスポット的な調査ではなく、全ての産地での出荷前調査の実施と検査結果(数値)の開示を求めます。

当然、政府・東京電力の責任において。

よく検査結果の公表において

「基準値以下なので問題ない」

との発表があります。

しかし、食の安全を求める国民は

”暫定基準値の範囲内だから安全だとは考えていない”

人も多くいます。

きちんと、検査数値を公表することが必要です。

|

放射線量について(8/24 7:45過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月24日(水)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
    7:55時点   約14.3cpm  (約0.119μSv/h)

[国分寺市]
    7:52時点   約16.0cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
    7:53時点   約14.6cpm  (約0.122μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
    7:53時点   約21.7cpm  (約0.181μSv/h)

[市川市]
    7:54時点   約20.4cpm  (約0.170μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
    7:53時点   約12.7cpm  (約0.106μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月23日 (火)

放射線量について(8/23 7:15過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月23日(火)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
    7:21時点   約14.4cpm  (約0.120μSv/h)

[国分寺市]
    7:20時点   約16.1cpm  (約0.134μSv/h)

[日野市]
    7:22時点   約14.6cpm  (約0.122μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
    7:17時点   約22.0cpm  (約0.183μSv/h)

[市川市]
    7:24時点   約20.4cpm  (約0.170μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
    7:18時点   約12.8cpm  (約0.107μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月22日 (月)

三陸の大津波 1000年に一回

三陸の大津波は1000年に一回きていた!!

北海道大学の平川一臣特任教授の調査結果です。

平川特任教授は、岩手県から宮城県にかけての三陸海岸で地層に残された過去の津波の痕跡を調べ、その結果、宮城県気仙沼市の大谷海岸では、標高2メートルほどのくぼ地の地層から、津波で運ばれたとみられる大量の丸い石などを含んだ層を5つ見つけました。

石などを含んだ5つの層は、およそ5400年前の火山灰の層の上に、黒い土の層と交互に重なっていて、過去5000年余りの間に積もったものとみられています。

また、岩手県宮古市田老地区でも、海岸から170メートル離れた、標高17メートルのくぼ地で、明治三陸地震など比較的新しい時代を含む、津波で運ばれたとみられる層が6つ見つかりました。

このことから平川特任教授は、岩手県と宮城県の沿岸では、ことし3月のような巨大な津波が、1000年に1度程度の割合で繰り返し襲っていたのではとみています。

東北の太平洋沿岸では、南側の沿岸の宮城県と福島県の内陸では1100年余り前に起きた大津波の痕跡が見つかっていましたが、北側の三陸海岸では、はっきりした痕跡が見つかっていませんでした。

今回、三陸で見つかった痕跡が南側沿岸の時期と一致すれば、東北の広い範囲に今回の震災同様、巨大な津波が押し寄せていたことになります。

やはり、地震については、

”過去に学ぶべきことが多い”

ということなんですね。

|

放射線量について(8/22 12時過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定器「 ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています 。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月22日(月)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
  12:05時点   約14.7cpm  (約0.123μSv/h)

[国分寺市]
  12:08時点   約16.2cpm  (約0.135μSv/h)

[日野市]
  12:05時点   約15.3cpm  (約0.128μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
  12:00時点   約22.9cpm  (約0.191μSv/h)

[市川市]
  12:01時点   約21.0cpm  (約0.175μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
  12:10時点   約13.2cpm  (約0.110μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているもので はありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所 付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月21日 (日)

放射線量について(8/21 10:30過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月21日(日)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
  10:35時点   約14.6cpm  (約0.122μSv/h)

[国分寺市]
  10:36時点   約16.2cpm  (約0.135μSv/h)

[日野市]
  10:35時点   約15.1cpm  (約0.126μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
  10:30時点   約22.5cpm  (約0.188μSv/h)

[市川市]
  10:34時点   約20.7cpm  (約0.173μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
  10:30時点   約13.0cpm  (約0.108μSv/h)

あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月20日 (土)

放射線量について(8/20 11:30過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月20日(土)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
  11:32時点   約14.7cpm  (約0.122μSv/h)

[国分寺市]
  11:34時点   約16.4cpm  (約0.137μSv/h)

[日野市]
  11:29時点   約15.1cpm  (約0.126μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
  11:34時点   約22.2cpm  (約0.185μSv/h)

[市川市]
  11:35時点   約21.4cpm  (約0.178μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
  11:33時点   約13.2cpm  (約0.110μSv/h)

あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月19日 (金)

茨城県鉾田市の玄米から微量のセシウム検出

茨城県鉾田市で行なわれた収穫前のコメの検査で、玄米から微量の放射性セシウムが検出されました。

東京電力福島第1原発の事故後にコメから放射性セシウムが検出されたのは初めてです。

今回の値は食品の暫定基準値を大きく下回っていて、農林水産省は食べても健康に影響がないレベルだとしています。

茨城県は空気中の放射線量が比較的高い13の市町村で、収穫前の稲の一部を刈り取って放射性セシウムの量を調べる「予備検査」を行っています。

鉾田市では3か所で検査が行われ、このうち1か所で玄米1キログラム当たりセシウム134が23ベクレル、セシウム137が29ベクレルの、合わせて52ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。

国の暫定規制値(同500ベクレル)からは大きく下回っており、鉾田市のほかの2か所からは検出されませんでした。

茨城県は今後、鉾田市で収穫後のコメの放射性セシウムの検査を行い詳しく調べることにしています。

|

次期レクサスGS350の車両概要

○全長4850mm、全幅1840mm、全高1455mm、ホイールヘ゛ース2850mm

○「L-finesse」の新たな可能性を追求し、確立した「スピンドルグリル」が、次世代レクサスデザインの記号性と、圧倒的な存在感を創出

○3.5LV型6気筒エンジン「2GR-FSE」を搭載。世界最先端技術のD-4Sシステムの継承と制御の一新により、クラス世界最高レベルのエンジン性能を実現

○エンジン最高出力228kw(306hp)/6400rpm、エンジン最大トルク375N・m(277lb・ft)/4800rpm

○トランスミッションは6Super ECT

○駆動方式は2WD(FR)・AWD

○プラットフォームを一新するとともに新開発のサスペンションを採用。走る・曲がる・止まるという走りの基本性能を飛躍的に進化させ、優れたコーナリングパフォーマンスなどによる楽しさと快適かつ硬質な乗り心地を両立

○ドライバーの嗜好や様々なシーンに応じて、意のままに車を走らせる楽しみを広げるため、「ECO」「SPORT S」、そして「SPORT S+」のドライブモードセレクトを採用
   ・ 「SPORT S+」モードでは、「SPORT S」モードで行うパワートレーン制御に加え、シャシー制御システムと協調し、ステアリング操舵特性に応じた車両応答の制御も採用

○ドライビングポジション及びシート性能の見直しにより、運転操作性を向上し、正確かつ疲れにくい運転姿勢の維持に貢献。また、後席スペースや装備、シート性能に対し快適性を追求。ドライバーだけでなく、全ての乗員に対し、次世代レクサスの中核を担うセダンとしてのおもてなしを実現

○一新したプラットフォームを最大限に生かし、後部サスペンションタワーの室内への張出しを削減するとともに、荷室上部の開口面積を拡大。クラストップとなる広い荷室空間と優れた積載性を実現

○お客様がレクサスとの上質で有意義な“時”を刻むという意を込め、レクサス初となるアナログクロックを採用

○世界初となる12.3インチの大型ディスプレイを設定。より多くの情報を見やすく表示可能とすることで、使いやすさとともに視認性を向上

※日本での発売は2012年初頭を予定。ハイブリッド車、スポーツバージョン”F SPORT”については順治発表予定。

|

レクサスGS350 次期モデル初披露!!

8月18日、トヨタ自動車は高級車ブランド「レクサス」の中型セダン「GS350」の次期モデル(排気量3500cc)を発表しました。

デビューから7年ぶりのフルモデルチェンジで、2012年初頭から全世界に投入するそうです。

次期GSは、レクサスが次の世代に入るにあたって、その先陣を切る形で投入されるもので、力強さを強調した台形のフロントグリルは、今後モデルチェンジする車種にも採り入れられ、次世代レクサスの象徴的なデザインとなるようです。

個人的には結構気に入ったデザインで、強い個性、強烈なインパクトを与える車だと思います。
 
この次期GSは、2011年4月のニューヨークモーターショーでコでンセプトモデルが発表され、7月からは日米欧の各国で順次、プレプロトタイプがプレス向け試乗会で公開されていました。

日本では8月にプレプロトタイプの試乗会と車両概要などの記者発表会が行われた。

記者発表会によると、米国ペルブビーチでのワールドプレミアの後、フランクフルトモーターショー、SEMAモーターショーで順次ハイブリッドモデルや「F SPORT」などが発表されるそうです。

今年11月末の東京モーターショーではフルラインナップのお披露目となるよう・・・。

非常に楽しみです。

現行の上質な走りは維持しつつ、加速感やシャープな動きを実現し、運転する楽しみを感じてもらえる走りとしているという。

サスペンションはすべて新規設計で、VDIMの進化させたLDH(Lexus Dynamic Handling System)を導入しています。

この技術は、VGRS(可変ギア比ステアリング)にDRS(リア操舵)を組み合わせて、レーンチェンジなどをスムースにする新しい技術とのことです。

さらに従来からのアクセル、ブレーキの制御、AVSなども含めた全体の制御は、4つの運転モードによって機械の介入の度合いなど細かく変えているとのこと。

その走りはかなり期待してもよいのではないでしょうか?

後席のスペースも広がっており居住性も向上しているとのこと。

「乗ればだれもが違いを感じてくれるはずだ。とにかくトータルのパッケージをみてほしい」

この言葉に大いに期待したい!!

|

放射線量について(8/19 12時過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月19日(金)
◇東京都
[文京区]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[世田谷区]
  12:05時点   約14.8cpm  (約0.123μSv/h)

[国分寺市]
  12:07時点   約16.5cpm  (約0.138μSv/h)

[日野市]
  12:04時点   約15.1cpm  (約0.126μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
  12:06時点   約24.6cpm  (約0.205μSv/h)

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
  12:03時点   約12.8cpm  (約0.107μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月18日 (木)

ヨーグルトで寿命延長?

100年ほど前から

「ヨーグルトは不老長寿のクスリ」

という説があるそうで、協同乳業・京大などの研究チームがこの説を科学的に証明したと米科学誌プロスワン電子版で発表しました。

「寿命をのばす効果が明らかになった」と発表されたのは、ヨーグルトに含まれるプロバイオティクス ビフィズス菌「LKM512」という種類のビフィズス菌です。

研究では、市販のヨーグルト約150cc分のビフィズス菌を生後10カ月のマウス20匹に週3回投与し、実験開始から約1年後(ヒトの年齢約70歳に相当)の生存状況を調べました。

生理食塩水を与え続けたマウス20匹の生存率が約30%だったのに対し、ビフィズス菌を与えたマウスは約80%が生存していました。

そして、非投与群は皮膚に腫瘍や潰瘍が多く見られましたが、LKM512を投与したマウスには投与期間中ほとんど観察されず、毛並みも非常によく、動きも活発だったとのことです。

LKM512群は潰瘍が5%ほどあったが、腫瘍は0%で、非投与群はどちらも20%あり、大きな差となって効果が現れました。

京都大学などは、体内に入った「LKM512」が大腸内で炎症などを抑える「ポリアミン」という物質を増やし、長生きにつながっていることが証明されたと発表しています。

ポリアミンは、DNA、RNA、タンパク質の合成および安定化や、細胞の増殖および分化に関与している生理活性物質で、すべての生物の細胞に普遍的に存在するものだそうです。

これまで、抗炎症作用、抗変異原作用、オートファジーの誘導、腸管バリア機能維持・促進などの作用が報告されており、濃度が高まることで生物にとってプラスになることはわかっていました。

京都大学の芦田久准教授によれば、

「食事量を減らすと寿命が伸びるというのは照明されているが、それ以外の方法でマウスの寿命を伸ばしたという報告はほとんどありません」

とのこと。

京都大学は今後も

「寿命伸長」

というテーマで、医学系研究者との共同研究も進めていきたいとのことです。

|

放射線量について(8/18 12時過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月18日(木)
◇東京都
[文京区]
  12:03時点   約15.6cpm  (約0.130μSv/h)

[世田谷区]
  12:03時点   約14.8cpm  (約0.123μSv/h)

[国分寺市]
  12:05時点   約16.4cpm  (約0.137μSv/h)

[日野市]
  12:04時点   約15.2cpm  (約0.127μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
  12:04時点   約22.9cpm  (約0.191μSv/h)

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
  12:00時点   約13.0cpm  (約0.108μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月17日 (水)

放射線量について(8/17 14:15過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月17日(水)
◇東京都
[文京区]
14:18時点   約15.5cpm  (約0.129μSv/h)

[世田谷区]
14:22時点   約14.5cpm  (約0.121μSv/h)

[国分寺市]
14:23時点   約16.4cpm  (約0.137μSv/h)

[日野市]
14:23時点   約15.0cpm  (約0.125μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
14:24時点   約22.7cpm  (約0.189μSv/h)

[市川市]
- 時点   約 - cpm  (約 - μSv/h)
※システムエラーが発生しているようです。

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
14:20時点   約13.1cpm  (約0.109μSv/h)

あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月16日 (火)

放射線量について(8/16 9:45過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月16日(火)
◇東京都
[文京区]
   9:48時点   約15.4cpm  (約0.128μSv/h)

[世田谷区]
   9:53時点   約14.8cpm  (約0.123μSv/h)

[国分寺市]
   9:55時点   約16.5cpm  (約0.138μSv/h)

[日野市]
   9:53時点   約15.0cpm  (約0.125μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
   9:49時点   約22.8cpm  (約0.190μSv/h)

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
※システムエラーが発生しているようです。

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
   9:55時点   約12.9cpm  (約0.108μSv/h)

あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月14日 (日)

放射線量について(8/14 12時頃時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月14日(日)
◇東京都
[文京区]
  12:00時点   約15.3cpm  (約0.128μSv/h)

[世田谷区]
  12:00時点   約14.7cpm  (約0.123μSv/h)

[国分寺市]
  12:01時点   約16.4cpm  (約0.137μSv/h)

[日野市]
  11:58時点   約14.9cpm  (約0.124μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
  11:57時点   約22.8cpm  (約0.190μSv/h)

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
※システムエラーが発生しているようです。

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
  12:01時点   約12.7cpm  (約0.106μSv/h)

あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月13日 (土)

放射線量について(8/13 9時頃時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月13日(土)
◇東京都
[文京区]
   9:58時点   約15.3cpm  (約0.128μSv/h)

[世田谷区]
  10:01時点   約14.4cpm  (約0.120μSv/h)

[国分寺市]
   9:59時点   約16.6cpm  (約0.138μSv/h)

[日野市]
  10:05時点   約14.9cpm  (約0.124μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
  10:06時点   約22.3cpm  (約0.186μSv/h)

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
※システムエラーが発生しているようです。

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
   9:59時点   約12.9cpm  (約0.108μSv/h)

あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月12日 (金)

愛車「レクサスIS」のエンジンが不安定に!!

私がレクサスISに一目ぼれして購入してから早6年。

新車登録日から5年間(ただし走行距離10万km以内)の新車保証も昨年に切れていしまいましたが、まだまだ現行モデルであり存在感たっ ぷりです。

しかし、私の愛車レクサスIS250 の様子が少しおかしくなってきました。

エンジンのアイドル時に回転数が低くなり安定しないことがあるのです。

特に、エンジン始動時や走行から信号などで停止するとき、エンジンを吹かした後などによく起こります。

まだ、エンストしたことはありませんが、エンジン回転数が下がった時は、車体が”ブルブル”と振動します。

先日、レクサスIS250の現行バージョンであるVer.Tの試乗車を乗りましたが、いろいろ改良が加えられているにしても明らかにエンジン音、 振動が異なりました。

確かに、私のISも新車で購入した時は試乗車と同じくらい静かでびっくりした記憶があります。

それが今では・・・。

私は、あまり車を頻繁に買い替える方ではないので、車歴は多くありません。

大体、7〜8年乗ってから買い換えるサイクルですが、このような状態になった車は初めてです(全てトヨタ車でした)。

それも、高品質を謳っているレクサスで起こっていますのでビックリしています。

走行距離は6年で4万キロ強ですので、特別走りこんでいるわけでもなく、逆に平均より少ない走行距離なのでなおさらです。

ネットで調べてみると、同様の症状の方が結構いるようです。

さて、レクサスIS250は直噴エンジン(D-4)を採用しています。

トヨタのアベンシスもレクサスIS同様、直噴エンジン(D-4)を採用していますが、こちらはもっと不具合を起こすみたいで、アイドリング中に止 まる場合もあるようです。

私のレクサスもいずれ同じようになってしまうのでは?と心配でドキドキしています。

調べてみると、そもそも直噴エンジンはその構造ゆえのデメリットがあるようです。

ポート噴射式エンジンに比べて、シリンダー内にガソリンの燃えカスが溜まることが多いというのです。

その原因は超希薄燃焼。

超希薄燃料では煤が発生しやすく、その煤がインジェクターノズルに付着すると適正な燃料噴射ができなくなるのです。

燃料噴射量が狂うと、更に煤が発生しやすくなり、悪循環となっていくようです。

ディーラーに聞いたところ、この症状を改善するにはおそらく部品交換が必要とのことで、その費用は工賃込みでかなりの金額になるとのこ とでした。

新車保証期間内にこのような症状が出ていれば、無償での対応も可能であったかもしれませんね・・・(泣)

また、5年の車検時に延長保証も選択できたのですが、まさか厳しい品質基準を採用しているレクサス品質の車であり、今まで乗ってきたト ヨタ車ではこのような症状が一切ありませんでしたから、このような症状が発生するとは夢にも思わず、延長保証には入りませんでした。

さらに私は、6年で4万キロ程度しか走っておらず、定期メンテナンスも全てきちんとレクサスディーラーで実施してきたため、まだまだエンジンは大丈夫と考えていました。

普通は大丈夫と考えますよね?(えっ、考えない?)

この件で、私の中ではレクサス品質の評価がかなり下がってしまいました。

このような症状の方が結構いるようなのでリコールや改善対策、サービスキャンペーンの対象にはならないのでしょうか?

”アイドリングが不安定になる”だけでは無理なのでしょうか?

モデルチェンジされる前にこのような症状が出るなんて・・・レクサスさん、何とかして!!!

|

放射線量について(8/12 12時過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月12日(金)
◇東京都
[文京区]
  12:01時点   約15.5cpm  (約0.129μSv/h)

[世田谷区]
  12:04時点   約14.9cpm  (約0.124μSv/h)

[国分寺市]
  12:02時点   約16.8cpm  (約0.140μSv/h)

[日野市]
  12:06時点   約15.0cpm  (約0.125μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
  12:08時点   約12.9cpm  (約0.108μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月11日 (木)

放射線量について(8/11 6:15過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月11日(木)
◇東京都
[文京区]
  6:21時点   約15.4cpm  (約0.128μSv/h)

[世田谷区]
  6:24時点   約14.6cpm  (約0.122μSv/h)

[国分寺市]
  6:24時点   約16.6cpm  (約0.138μSv/h)

[日野市]
  6:25時点   約14.7cpm  (約0.123μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月10日 (水)

放射線量について(8/10 8:30過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月10日(水)
◇東京都
[文京区]
  8:35時点   約15.3cpm  (約0.128μSv/h)

[世田谷区]
  8:41時点   約14.3cpm  (約0.119μSv/h)

[国分寺市]
  8:40時点   約16.5cpm  (約0.138μSv/h)

[日野市]
  8:40時点   約14.6cpm  (約0.122μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
 8:40時点   約22.8cpm   (約0.190μSv/h)

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
 8:42時点   約12.7cpm   (約0.106μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月 9日 (火)

首都圏でもチェルノブイリ級の汚染区域があった!!

市民団体「放射能防御プロジェクト」が、首都圏の土壌調査の結果を8月8日に公表しました。

この市民団体は、福島第一原発事故についての正確な情報を共有し、放射能から未来を守るために立ち上がった団体です。

この調査結果をみると、埼玉県三郷市早稲田は、チェルノブイリで2番目の移住レベルに匹敵する値となっており、東京都江戸川区臨海町や千葉県松戸市紙敷・松戸、茨城県取手市藤代はチェルノブイリでは3番目の高汚染区域に相当する値が検出されています。

この地域以外でも、チェルノブイリでは4番目である放射線管理区域は多数見つかっています。

詳しくは以下からご覧下さい。

マップ


表形式

|

古米が入手困難に?

農林水産省が新米を収穫前後の2段階で放射性物質の検査する方針を公表した今月3日前後から、店頭では、2010年産の「古米」に人気が集中し品薄になっています。

店舗によっては、お米のコーナーが空っぽのところもあるようです。

報道によれば、4日から品薄になった東京都板橋区のスーパーの店長は

「汚染牛の問題もあった。消費者が古米の方が安全だと買うのも分かる」。

とコメントしていますし、

ホームセンター大手カインズホームでは1〜3日の3日間で、10年産のコメの売上高が昨年同期比30%増となったようで、

「もともとコメが売れる時期ではないのに突出した動き」とコメント、すでに在庫切れの状況だそうです。

大手スーパーでも顧客から「10年産のコメが欲しい」という要望が集中し、現時点で売上高は前年比2桁増。

8月に入り入荷した宮崎産などの早場米も好調といいます。

インターネット販売大手の楽天市場でも10年産を中心にコメの売上高が前年比30%増で推移しているようです。

民間調査会社「米穀データバンク」の高橋芳郎社長は、

「平成22年産は政府備蓄米の10万トンと、米穀機構が保管する13万トンが確保されている。これに民間の在庫が6月末で182万トンもあるので、消費者が目の色を変えて買いあさる状況にはない」

と話していますが、今後については

「新米の検査結果次第では、消費者がどう反応するのか分からない」

と述べています。

また、8月8日のコメ先物が試験上場された東京穀物商品取引所。

午前9時の取引開始直後から、値幅制限を上回る価格での買い注文が殺到し、売買を一時中断。

初値が付かないまま取引を終了しました。

東穀取の取引は基準値1万3500円、値幅制限600円。

関係者によると1万8000円を上回る注文が相次いでいたとのことです。

震災や原発事故で東北、北関東のコメどころが大きな被害を受け、放射性物質による汚染も懸念されるため、需給逼迫による値上がりを見越し、汚染の心配が少ないブランドの新米を先物買いする動きが急増したようです。

検査結果で、放射性物質が不検出ならば需給は元に戻るとは思いますが、暫定基準値内であっても多少なりとも検出されれば・・・

どうなるのでしょう?

|

放射線量について(8/9 12時過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月9日(火)
◇東京都
[文京区]
  12:00時点   約15.3cpm  (約0.128μSv/h)

[世田谷区]
  12:06時点   約14.4cpm  (約0.120μSv/h)

[国分寺市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

[日野市]
  12:10時点   約14.8cpm  (約0.123μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
 12:06時点   約22.3cpm   (約0.186μSv/h)

[市川市]
     -   時点   約   - cpm  (約   -   μSv/h)
 ※システムエラーが発生しているようです。

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
 12:07時点   約12.6cpm   (約0.105μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月 8日 (月)

放射線量について(8/8 17時ころ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月8日(月)
◇東京都
[文京区]
  16:59時点   約15.5cpm  (約0.129μSv/h)

[世田谷区]
  17:06時点   約14.6cpm  (約0.122μSv/h)

[国分寺市]
    -  時点   約   -  cpm  (約   -  μSv/h)
  ※システムエラーが発生しているようです。

[日野市]
  17:05時点   約14.9cpm  (約0.124μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
   16:59時点   約22.9cpm   (約0.191μSv/h)

[市川市]
    -  時点   約   -  cpm  (約   -  μSv/h)
   ※システムエラーが発生しているようです。

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
 17:11時点   約12.5cpm   (約0.104μSv/h)

あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月 7日 (日)

放射線量について(8/7 9:45過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月7日(日)
◇東京都
[文京区]
  9:50時点   約15.5cpm  (約0.129μSv/h)

[世田谷区]
  9:56時点   約14.4cpm  (約0.120μSv/h)

[国分寺市]
  9:57時点   約16.0cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
  9:54時点   約14.5cpm  (約0.121μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
   9:50時点   約23.0cpm   (約0.192μSv/h)

[市川市]
 9:59時点   約19.5cpm   (約0.163μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
 9:51時点   約12.7cpm   (約0.106μSv/h)

あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月 6日 (土)

放射線量について(8/6 9:30過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月6日(土)
◇東京都
[文京区]
  9:33時点   約15.3cpm  (約0.128μSv/h)

[世田谷区]
  9:38時点   約14.5cpm  (約0.121μSv/h)

[国分寺市]
  9:35時点   約15.9cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
  9:39時点   約14.6cpm  (約0.122μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
   9:37時点   約22.7cpm   (約0.189μSv/h)

[市川市]
 9:40時点   約19.8cpm   (約0.165μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
 9:38時点   約12.6cpm   (約0.105μSv/h)

あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】

福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】

上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

2011年8月 5日 (金)

放射線量について(8/5 12時過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定 器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示してい ます。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月5日(金)
◇東京都
[文京区]
  12:04時点   約15.2cpm  (約0.127μSv/h)

[世田谷区]
  12:03時点   約14.5cpm  (約0.121μSv/h)

[国分寺市]
  12:03時点   約15.9cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
  12:04時点   約14.5cpm  (約0.121μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
 12:08時点   約22.2cpm   (約0.185μSv/h)

[市川市]
 12:07時点   約19.4cpm   (約0.162μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
 12:09時点   約12.6cpm   (約0.105μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発 電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学 省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

お米に暫定基準値を当てはめると・・・

農林水産省は、お米について、収穫の前後2段階で放射性セシウムを調査する方針を発表しました。

この出荷基準にも”暫定基準値”が使われています。

中部大学の武田邦彦教授がこの基準についてご自身のブログで考察されていますので、ここで紹介させていただきます。

-----ここから-----

「お米の500ベクレルとは?」

新米の出荷時期が近づいて、「200ベクレル(いずれも1キロあたり)以上は警戒、500ベクレル以上は出荷停止」ということで行くようです。

お米の「500ベクレル」というのは安心できる数値でしょうか? 

まずは自分で計算してみます。

人間はザッと言って、一日に1キロの食材と2キロの水を飲んだり、直接的に接したりします。

そして、{1キログラムの食材の中のベクレル}から{1年間に被曝するミリシーベルト}に換算するのは、1日、1キロの場合、非常に簡単で

ミリシーベルト=ベクレル÷100

です(これまで0.0072をかけていましたが、ヨウ素、セシウムだけ測定されていることなどから0.01としました)。

我慢できる限度は1年に1ミリシーベルトですから、100ベクレルが一応の目安になります。

しかし、人間は食材だけから被曝するのではなく、空間からの外部被曝、呼吸による内部被曝、食材から、水からと少なくとも4つの被曝があります。

外部0.2+呼吸0.2+食材0.2+水0.2+その他0.2=1.0

で食材の上限を0.2としますと、ほぼ1キログラムあたり20ベクレルになります。

・・・・・・・・・

これに対して政府が「500ベクレルまで安全」と言っているのはなぜでしょうか?

日本人はお米を1日に0.164キロ食べることになっています。

そこで、

500×0.164÷100=0.82ミリシーベルト

にもなります。

つまり上限が1ミリですから、お米だけで0.82にもなってしまうので、とうてい「基準内だから幼児にも食べさせて良い」などという値ではないのです。

これは原発事故以後、政府が一貫してとっている態度で次の通りですが、困ったものです。

1) 国際勧告、国内法律を無視する(ごまかせればそれでよい)、

2) 国民に被曝を我慢させる(被曝しなければならない理由を言わない)、

3) お米だけしか食べないとする(縦割り行政)、

・・・・・・・・・

主食のお米にこのような緩い規制を長くすることはできないでしょう。

規制値は500ベクレルから200へ、そして50程度まで下がると思います。

でも、それを待っていられないので、私たちの自衛策としては、

1) 農家の方は500ベクレルのお米を出荷できないことをハッキリとした意志で示す(農家の方は国民を被曝させたくない)。

2) マスコミの人は政府の基準値を安全としない、

3) 一般の人はできるだけ古米を買っておく、

ということでしょう。

静岡県はいち早く汚染度を測定しましたが、ベクレルを公表せず「安全宣言」だけをしています。

データというのは「最終判断」だけを示すのは不誠実で、データそのもの、その測定方法や根拠を示したのち、その人の最終判断を説明しないといけないのです。

「安全宣言」というのは実に国民をバカにしています。

国民は自分や自分の子供の健康を守る権利があります。

憲法にも「健康で文化的な生活」を政府は保証しなければならないのです。

政府はできるだけ早く500ベクレルを、少なくとも100ベクレル以下にする必要があります。

-----ここまで-----

|

米の放射性セシウムの検査方針 —農水省—

8月3日に農林水産省は、今後収穫期を迎える米について、収穫の前後2段階で放射性セシウムを調査する方針を発表しました。

収穫後の本調査で暫定規制値(1キロあたり500ベクレル)を超えた地域の米はすべて出荷停止として廃棄処分を義務づけ、農家の損害は東京電力に損害賠償請求する方針となっています。

米は主食であるため、他の食品より綿密な二重チェック体制で安全を確保したい考えのようです。

が、ここでもやっぱり、「暫定基準値」が判断基準に使われていますね(暫定基準値以下の米が安全かどうか、中部大学の武田邦彦教授が試算されていますので後程紹介します。)。

話を戻します。

米の調査の大きな特徴は、収穫期を挟んだダブルチェックです。

汚染肉牛の流通を食い止められなかった教訓もあり、事前にリスクの高い地域を把握する「予備調査」を実施し、汚染米の出荷を食い止めようとするものです。

予備調査は福島県など14都県のうち、土壌調査でセシウム濃度が1キロあたり1000ベクレル以上あった市町村や、空間放射線量率が平常時(毎時0・1マイクロシーベルト以下)を超える市町村などを対象に実施する方針です。

収穫約1週間前に玄米の状態で調べ、1キロあたりの濃度が暫定規制値の半分程度の

”200ベクレル”

を超えた市町村を

”重点調査区域”

に指定し、

”収穫後の本調査を15ヘクタールにつき1カ所(おおむね集落ごとに1カ所)”

で行うそうです。

その他の地域は、

”1市町村あたり7カ所程度”

で調べるとのことです。

本調査で暫定規制値を超える所が

”1カ所でもあれば”

政府は知事に出荷停止を指示します。

市町村全域では広すぎる地域もあるため、

”旧市町村単位(1950年当時)を原則”

とするようです。

出荷停止地域で生産された米は自治体が全量を管理し廃棄します。

農林水産省が指定した調査対象地域(14都県)は以下のとおりです。

福島県
茨城県
栃木県
群馬県
千葉県
神奈川県
宮城県
山形県
新潟県
長野県
埼玉県
東京都
山梨県
静岡県

また、農水省担当者は、土壌のセシウムの値が1キロあたり5000ベクレルを超えた福島県の一部地域では4月にコメの作付けを禁止しており、これ以外の地域のコメから暫定規制値を超えるセシウムが検出される可能性は低いとの認識を示しています。

が、一旦、汚染米が市場に出回ると、その混乱や生産者へのダメージは肉牛の比ではなく、計り知れないものになると考えられます。

何としてでも、汚染米の流通は食い止めて欲しいものです。

|

2011年8月 4日 (木)

放射線量について(8/4 12時過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示しています。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月4日(木)
◇東京都
[文京区]
  12:13時点   約15.3cpm  (約0.128μSv/h)

[世田谷区]
  12:15時点   約13.9cpm  (約0.116μSv/h)

[国分寺市]
  12:11時点   約15.9cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
  12:14時点   約14.6cpm  (約0.123μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
 12:17時点   約22.8cpm   (約0.190μSv/h)

[市川市]
 12:16時点   約19.6cpm   (約0.163μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
 12:17時点   約12.6cpm   (約0.105μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているものではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

民主党の看板政策「子ども手当」廃止へ!

民主、自民、公明の3党の幹事長、政調会長が8月4日の午前中に国会内で会談し子ども手当の見直しを正式合意します。

これに先立ち、民主、自民、公明3党の政策責任者が3日夜に会談し、来年度から

”児童手当法を改正することを基本”

にして、

”年収960万円程度を基準に所得制限を導入する”

など、事実上、

”子ども手当の廃止”

して、

”児童手当を復活”

させる内容で合意しました。

その内容は、現行の中学生までの1人当たり月1万3000円の支給額を、「つなぎ法」の期限が切れる10月分から、3歳未満と3歳〜小学生以下の第3子以降は1万5000円、3歳〜小学生の第1、2子と中学生は1万円にそれぞれ変更となります。

所得制限は2012年度から導入するとしています。

ただし、所得制限の対象となる世帯も、年少扶養控除の廃止により大幅な負担増となっているため、軽減措置を検討するとのことです。

また、今年度中(10月から半年間)は、「子ども手当に関する特別措置法」を制定し、「子ども手当」の名称は存続させます。

そして、2012年度からは自公政権時代の児童手当法の改正で対応することとし、子ども手当は廃止されることになります。

子ども手当は、民主党が政権交代を成し遂げた09年衆院選のマニフェスト(政権公約)に掲げた主要政策の一つでした。

しかし、自民党・公明党の両党は子ども手当の見直しを、赤字国債発行に必要な特例公債法案の成立に協力する前提としたため、民主党は大幅な修正を強いられての決着することになります。

こども手当に期待して1票を投じた方は、きっと裏切られた気分になるでしょうね。

いったい、09年衆院選はなんだったんだろう?


民主、自民、公明3党の政調会長が合意した子ども手当の修正ポイントは次の通りです。

○2012年度から児童手当を復活。子ども手当の名称は11年度中は存続
○所得制限の対象世帯は年収960万円程度以上
○所得制限の対象となる世帯も年少扶養控除の廃止により大幅な負担増となっているため軽減措置を検討
○現行制度の期限が切れる10月分から新たな額を支給
○支給額は、3歳未満と第3子以降の3歳〜小学生が月1万5000円、3歳〜小学生と中学生が1万円

|

2011年8月 3日 (水)

放射線量について(8/3 12時過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測 定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示して います。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月3日(水)
◇東京都
[文京区]
  12:00時点   約15.2cpm  (約0.127μSv/h)

[世田谷区]
  12:05時点   約14.3cpm  (約0.119μSv/h)

[国分寺市]
  12:04時点   約16.0cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
  12:03時点   約14.8cpm (約0.123μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
 12:04時点   約22.5cpm   (約0.188μSv/h)

[市川市]
 12:07時点   約19.8cpm   (約0.165μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
 12:04時点   約12.5cpm   (約0.104μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力 発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科 学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

腐葉土の放射性セシウムの暫定許容値を設定

農林水産省は、腐葉土を含む肥料などについて、放射性セシウムの濃度が1キログラム当たり400ベクレルを超えるものについては使用しないよう全国に通知しました。

この基準値は標準的な使い方で40年以上にわたって農地で使っても、原発事故以前の農地の放射性セシウムの最高値を上回らないように設定されたということです。

目安を超えた肥料などについては、放射性セシウムの濃度が1キログラム当たり8000ベクレル以下は処分場などで埋め立て処分できるとしたうえで、8000ベクレルを超えるものは個別に評価して処分方法を検討することにしています。

また、牛などの家畜の餌に含まれる放射性セシウムの目安として、1キログラム当たり300ベクレルを超えるものは与えないよう求めるとともに、魚の餌に含まれる放射性セシウムの目安は1キログラム当たり100ベクレルを超えるものは使用しないよう求めています。

農林水産省は「肥料などに含まれる放射性セシウムの検査の方法については現在検討中で、近く都道府県に連絡したい」としています。

|

2011年8月 2日 (火)

ロシア極東関税 放射線検出で61物品積戻し

ロシア極東税関のセルゲイ・パシコ局長は、今年4月から7月下旬までに日本から同税関管内の港に到着した船舶に積載された計235の物品から、微量の放射線を検出し、うち61の物品を日本に積み戻したことが明らかになりました。

日本に積み戻されたのは中古車や自動車部品、重機などです。

ロシア当局は、福島第一原発の事故以降、日本からの輸入品の放射線量の検査を強化したとこのとで、検出された放射線量は自然界の数倍程度で、いずれも微量でしたが、ロシア当局の基準に従い輸入を認めなかったとしています。

235物品を積んだ船舶の出港地は、新潟、大阪、富山、伏木(富山県)、横浜、博多、小樽、七尾(石川県)など。

しかし、ロシア以外の国で日本から輸出された中古車などから放射線が検出される事例がないため、政府にはロシアの検査の精度を疑問視する声もあるようです。

|

放射線量について(8/2 12時過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測 定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示して います。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月2日(火)
◇東京都
[文京区]
  12:03時点   約15.2cpm  (約0.127μSv/h)

[世田谷区]
  12:05時点   約14.6cpm  (約0.122μSv/h)

[国分寺市]
  12:01時点   約16.0cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
  12:03時点   約14.6cpm (約0.122μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
 12:02時点   約22.7cpm   (約0.189μSv/h)

[市川市]
 12:07時点   約19.4cpm   (約0.162μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
 12:01時点   約12.9cpm   (約0.108μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力 発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科 学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

温泉地に異変が・・・

夏休みに入り、行楽シーズンを迎えていますが、東北地方の温泉地には異変が起きているようです。

温泉の湯量が激減したり、温泉が突然湧き出したりするケースが相次いでいるというのです。

東日本大震災の地殻変動が原因とみられていますが、終息する気配はみられず関係者は気をもんでいます。

○山形県大江町の柳川温泉

震災後、源泉から自噴する湯が10分の1以下の毎分約20リットルに。

震災前は年間約9万人が訪れ、休日には日帰り入浴客で駐車場が満車になるほどにぎわったが、温泉の営業ができず、いまは客の姿はほとんど見られません。

町は約6000万円をかけ近くで新たな源泉の掘削工事に着手。

年内の営業再開を目指しています。

頑張れ、柳川温泉!!

○北秋田市の杣(そま)温泉

震災直後、源泉が自噴しなくなりました。

湯をくみ上げるポンプを設置して約2カ月後にようやく浴場を再開できたとのことです。

秋田県によると、鹿角、大仙両市でも湯量が激減し、営業を休止した温泉があるとのこと。

頑張れ、秋田県の温泉地!!


○いわき市内郷地区

東日本大震災の余震とみられる地震が起きた4月11日、アパート床下から大量の温泉が湧き出ました。

調査した産業技術総合研究所によると、湯の量は毎秒約3リットルで、温度は27度。

お湯が止まる時期は不明。

いわき市によれば、この影響でアパート周辺の地盤が10〜20センチ程度陥没しており、

「いつまで温水が出るか分からず、観光利用は難しい。陥没が悪化しないうちに早く収まってほしい」

と困惑しています。


震災後の温泉異変は、震源から遠く離れた地域でも確認されているようです。

新潟県弥彦村の温泉街にある三つの源泉のうちの一つである「観音寺温泉」が突然枯渇し、簡易検査の結果、自然にわき出る可能性はほぼないことがわかり、観音寺温泉の源泉を所有する「長生館」は3月末に廃業に追い込まれました。

岐阜・飛騨市の割石温泉や神奈川県箱根町の箱根温泉、福井県大野市の九頭竜温泉は湯量が増え、水温も上昇しているようです。

泉質が変化したのは茨城県久慈郡の袋田温泉です。

透明だった温泉が白濁するようになりました。

石灰質と粘土が温泉に溶け込んだことによる白濁で、

「石灰はアルカリ性なので肌がすべすべになる」

という効用があるようです。

|

福島第一原発 1万ミリシーベルト超の放射線量を計測!!

東京電力は1日、福島第一原子力発電所の、1号機と2号機の原子炉建屋の西側にある排気塔下部の配管の表面付近で、計測器の測定限界に相当する事故後最高値の1時間当たり1万ミリシーベルト(10シーベルト)を超える極めて高い放射線量が計測されました。

この1万ミリシーベルト(10シーベルト)という数値は、福島第1原発の事故対応に限って引き上げられた被ばく線量の上限値である250ミリシーベルトを

”約1分半”

で超えるほど非常に高い数値で、1万ミリシーベルト(10シーベルト)を被ばくすると

”ほぼ全員が死亡”

します。

この場所は、先月31日に特殊なカメラを使った観測で高い放射線量が出ていることが分かったことから、東京電力の社員が棒の先に付けた線量計で詳細な測定を行いました。

この測定した作業員は最大で4ミリシーベルトの被曝をしたということです。

福島第一原発でこれまで計測された最も高い放射線量は、屋外では3号機の南側で見つかったがれきで、1時間当たり1000ミリシーベルト、屋内では1号機の原子炉建屋の中の1時間当たり4000ミリシーベルトです。

今回はそれらを軽く上回った数値です。

まだこのような場所があったとは驚きです。

今回、極めて高い放射線量が見つかった配管は、地震の翌日の3月12日に1号機でベントと呼ばれる外部に放射性物質を放出した際に使用したもので、配管内部に高濃度の放射性物質を含む気体がとどまっているか、外部に放射性物質の微粒子が付着したのではないかとみて調べています。

東京電力によりますと、

「現場の半径数メートルを立ち入り禁止としたほか、鉄板などで遮蔽するため、事故処理作業に影響はない」

としていますが、今になって1万ミリシーベルトが計測されるというのは遅いのではないでしょうか?

作業員の無用な被曝を避けるために、他に高線量の場所がないか徹底的に調査、管理する必要があるのではないでしょうか?

|

2011年8月 1日 (月)

放射線量について(8/1 12時過ぎ時点)

東京都(文京区、世田谷区、日野市、国分寺市)、千葉県(鎌ケ谷市、市川市)、神奈川県(茅ヶ崎市)に個人的に設置された放射線測 定器「ガイガーカウンタ」の 数値(平均値)を紹介させていただいております。

計測機器は、米国のBlack Cat Systems社のGM-10ガイガーミューラカウンタです。

1分毎計測し10分毎更新されていて、どれだけ放射線(アルファ放射線、ベータ放射線、ガンマ放射線の合計)が検出されたかを示して います。

単位等についてはこちらをご覧下さい。

1マイクロシーベルト(μSv)/時(h)=120cpmで計算しています。

8月1日(月)
◇東京都
[文京区]
  12:06時点   約15.3cpm  (約0.128μSv/h)

[世田谷区]
  12:11時点   約14.4cpm  (約0.120μSv/h)

[国分寺市]
  12:09時点   約16.0cpm  (約0.133μSv/h)

[日野市]
  12:13時点   約14.5cpm (約0.121μSv/h)

(参考値:日野市)
2010年12月  平均約15cpm (約0.125μSv/h)

◇千葉県
[鎌ケ谷市]
 12:11時点   約22.1cpm   (約0.184μSv/h)

[市川市]
 12:13時点   約19.7cpm   (約0.164μSv/h)

◇神奈川県
[茅ヶ崎市]
 12:09時点   約12.8cpm   (約0.107μSv/h)


あくまでも、個人的に設置・計測されているものを当ブログで紹介させていただいておりますので、 観測データの精度が保障されているも のではありません。

本情報に基づいてなされた活動において発生した、いかなる損失、損害についてはその責めを負いません 。

以上をご理解のうえご利用ください。

また、以下のサイトも参考になると思いますので紹介させていただきます。

放射能モニタリングデータについて【首相官邸】


福島第1・第2原子力 発電所付近の地域気象情報【気象庁】

*1日3回(6時、12時、18時頃)更新

都道府県別環境放射能水準調査結果【文部科 学省】


上記「都道府県別環境放射能水準調査結果」をグラフ化しているサイト

*全国の放射能、全国の水道の放射能、全国の雨の放射能を掲載

|

米の放射線量検査実施へ 千葉県・栃木県

千葉県と栃木県は、稲わらや野菜などから放射性セシウムが検出されていることを受け、これから収穫期を迎えるお米についても放射線量の検査を行うことを全国で初めて決めました。

福島第一原発事故のあとに田植えの時期を迎えていることから、これから収穫期を迎える米について農家の間で影響を心配する声が出ていました。

千葉県では早ければ8月上旬から早場米の収穫が始まるため、米を生産しているすべての市町村で、1か所から数か所を選んで玄米の段階で放射線量を検査するということです。

検査の結果、国の暫定基準値を下回らないと、その市町村から米は出荷しないということです。

一方、栃木県は収穫開始は9月上旬となるようです。

具体的な検査方法について国などと協議を進めています。

栃木県は米を含めて農産物の検査態勢を強化するため、放射性セシウムを検出できる専用の検査機器2台を導入するとのこと。

この取組み事態は評価しますが、ここでも出荷基準となるのは国の”暫定基準”です。

暫定基準そのものが良いのか悪いのかわかりません。

また、食品安全委員会が示した「生涯の累積線量の限度100ミリシーベルト」とこの”暫定基準”の関係もよくわかりません。

お米は主食ですから心配してしまいます。。。

|

腐葉土の11000ベクレルは安全か?

先日、ホームセンターなどで販売9されている腐葉土から1キロあたり10000ベクレルを超える放射性セシウムが検出されました。

この数値はどのような評価をしてよいのでしょうか?

中部大学の武田邦彦教授のブログを紹介させていただきます。

-----ここから-----

秋田県で販売されていた栃木県産腐葉土から1万1000ベクレルのセシウムが検出されました。

これは大丈夫か?

結論から言えば、ダメです。

日本は法治国家で、放射線を出すようなものは厳密に規制されています。

この規制値は、福島原発事故が起こってから「被曝しても大丈夫」と言っているいわゆる専門家の方が決めたものです。

セシウムの場合、もしセシウムだけしかなければ1キログラム1万ベクレルが規制値ですから、この土壌の汚染は

「ギリギリだが、規制を超えている」

と言うことになります。

しかし、汚染はヨウ素、ストロンチウムなどもありますから、普通に考えるとセシウム単独ではその2分の1の5000ベクレル程度とすることができます。

つまり、秋田県で売られていた土壌は、

1) このままの測定値なら、明らかな法律違反で、危険、

2) もしどうしてもがんばるなら、セシウム以外のすべての放射性物質を測定して、それを合計する(法律で決まっている)、

のどちらかをしなければいけません。

被曝は他人の健康に関係することですから、勝手に「安全です」などといえるものではないのです。

今回のものはそれほど多くないが、これまでの規制では「土壌は普通の人は扱えない」ということになります。

しばらくは、土壌に注意し、家庭菜園もできるだけ避ける必要があります。

-----ここまで-----

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »