« 牛乳と千葉県柏市の放射線 | トップページ | 夏を乗り切る放射線対策 »

2011年7月12日 (火)

福島・南相馬産の放射能汚染牛 9都道府県に流通!!

昨日、私のブログでもお知らせした福島県南相馬市の放射性セシウムに汚染された和牛の件の続報です。

同じ農家が出荷した別の6頭の牛肉も5都府県の食肉販売・卸売業者に販売されていたことが東京都の調査で明らかになりました。

さらに少なくとも9都道府県に流通し、148キロ以上が小売店などで売られたとのことです。

厚生労働省は

「継続的に大量摂取しなければ健康に影響はない」

との見解を示しています。

流通が確認されたのは、北海道、東京、神奈川、千葉、静岡、愛知、大阪、徳島、高知。

静岡市保健所では、市内の業者が27.8キロの肉を仕入れ、残っていた肉から1キロ当たり1998ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表(11日)。

一部は既に飲食店などで客に出されていました。

大阪府も11日に、2頭分の肉が府内を中心に流通し、うち数キロ分が贈答用として消費された可能性があると発表しました。

横浜市では小売店で52キロ分が販売され、愛媛県でも、17.6キロ分が県内の業者を通じて高知、徳島両県のスーパーに送られ販売されていました。

ただ、愛媛県内で流通していたかどうかについてはまだ確認されていないようです。

何故このような事態になったのか?

福島県が11日に発表したところによると、この農家は福島第1原発事故後に屋外にあった稲わらを与えており、牛が「内部被ばく」したとしています。

その餌の稲わらから1キロ当たり7万5000ベクレルの放射性セシウムを検出し、井戸水や配合飼料には問題はなかったとのことですので、稲わらによる内部被曝はほぼ間違いないでしょう。

これを受け、福島県では計画的避難、緊急時避難準備の両区域内にある農家約260戸から出荷される肉牛の全頭検査の実施を決めました。

県は餌の管理状況をチェックするため、11日から両区域の立ち入り調査に着手し、今後は両区域外についても立ち入り調査するとともに、1農家当たり少なくとも1頭のサンプル検査を行う方針とのことです。

県の調査に対し農家は

「震災後に配合飼料が手に入らなくなり、食べさせてしまった」

と説明したといいます。

確かに農家の方は大変な決断だったのでしょう。

しかし、最も重要なのは安全な食物を提供することです。

少しでも危ないと思うものは、自ら出荷を自粛するか、検査を実施し安全が確認された後で出荷して欲しいものです。

消費者の命にかかわることなのですから。

|

« 牛乳と千葉県柏市の放射線 | トップページ | 夏を乗り切る放射線対策 »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事