« インドネシア ロコン山が噴火! | トップページ | 放射線量について(7/15 12時過ぎ時点) »

2011年7月15日 (金)

また放射能汚染牛発覚 既に42頭も出荷済み!

福島県が14日に発表したところによると、福島県浅川町の畜産農家の稲わらから国の暫定許容値の70倍を超える高い濃度の放射性セシウムが検出され、その稲わらを食べた肉用牛42頭が仙台市など国内4カ所の食肉処理場に出荷されていたようです。

この畜産農家では、白河市の農家が原発の事故の後に田んぼから集めた稲わらを購入し牛に与えていたとのことで、県によると、13日に稲わら4点を検査した結果、1点から基準値を大きく上回る1キログラム当たり9万7000ベクレルの放射性セシウムを検出しています。

また、雌の肥育牛の尿からも、1キログラム当たり530ベクレルの放射性セシウムが確認されているとのことです。

白河市の稲作農家は合わせて4つの農家に稲わらを売却し、このうち、実際に牛を出荷したのは浅川町の1つの農家だけだったということです。

この浅川町の農家は、4月8日から7月6日の間に12回、合せて42頭を東京、横浜、千葉、仙台に出荷しており、すでに市場に出回っているとみられています。

この肉用牛は警戒区域などの牛でなかったため、スクリーニングやサンプル検査は実施していません。

福島県は肉用牛農家への立ち入り調査が終了するまで、県内全域の生産者に対し牛の出荷と移動の自粛を要請するとともに、関係自治体に対して、流通経路の把握の依頼と各食肉処理場に残品の検査、基準値を超えた肉は自主回収するよう指示しました。

白河市は福島第一原子力発電所から約80kmも離れています。

当然、現時点では避難が求められる区域ではありません。

そのような区域での稲わらから高濃度放射線が検出されたということは、この問題はかなり根が深いかもしれません。

かなり広範囲の地域を監視下に置かざるを得なくなるからです。

農林水産省もその点は私と同じ認識のようで、手、宮城、福島、栃木、茨城、千葉、群馬、埼玉の8県で、畜産農家と稲作農家を対象に、わらの取り扱いに関する緊急調査を実施する方針を表明しました。

牛以外にも鶏肉、鶏卵、豚肉など、人の口に入るものはまだ沢山種類があります。

消費されてから「問題だ!」と騒いでも遅いのです。

放射能に汚染されているもの、汚染されているおそれがあるものが出荷されないことが一番いいのですが、少なくとも最終消費者に渡る前に確実にチェックできる体制を早く確立して欲しいと思います。

人の健康にかかわることですから、2重3重のチェック体制が望ましいのですが・・・。

そして、これは賛否両論あると思いますが、個人的には、消費者に販売する際に放射線核種と検出された放射線量が消費者にわかるように明示されることを望みます。

|

« インドネシア ロコン山が噴火! | トップページ | 放射線量について(7/15 12時過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事