« 放射線量について(7/14 12時過ぎ時点) | トップページ | また放射能汚染牛発覚 既に42頭も出荷済み! »

2011年7月14日 (木)

インドネシア ロコン山が噴火!

インドネシア・スラウェシ島のロコン山が噴火したようです。

当局は、周辺住民の避難を発表しました。

しかし、世界的に火山活動が活発化していますね。

つい最近では、日本の新燃岳、アイスランド南東部のバトナヨークトル氷河にあるグリムスボトン火山、チリ南部のプジェウエ火山、アフリカ東部エリトリアのダビ火山、イタリアのシチリア島エトナ火山などが噴火しています。

東日本大震災の後、関東から九州まで少なくとも13の活火山の周辺で地震が活発になっているという報道もあります。

報道によれば地震が増えた活火山は以下のとおりです。

関東や中部地方の日光白根山、焼岳、乗鞍岳、富士山、箱根山。

伊豆諸島の伊豆大島、新島、神津島。

九州の鶴見岳・伽藍岳、阿蘇山、九重山。

南西諸島の中之島、諏訪之瀬島。

過去の例には東海、東南海、南海地震が連動した1707年の宝永地震(M8.4)の49日後に、富士山が大噴火を起こしています。

また、2004年のスマトラ沖地震(M9.1)では、地震後の数カ月間に周辺の10以上の火山で地震が活発化、1年4カ月後にはインドネシア・ジャワ島のメラピ山が噴火しています。

|

« 放射線量について(7/14 12時過ぎ時点) | トップページ | また放射能汚染牛発覚 既に42頭も出荷済み! »

ニュース」カテゴリの記事