« 放射線量について(7/6 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(7/7 12時過ぎ時点) »

2011年7月 7日 (木)

七夕

今日、7月7日は「七夕」です。

七夕には願い事を書いた短冊を下げた笹を飾りますが、これは牽牛星と織女星をまつるものだとされています。

3月3日と5月5日の行事は早くから庶民に受け継がれましたが、7月7日と9月9日の重陽の節は宮廷と一部の武家に限って行われていました。

七夕の行事は、江戸時代の寺子屋教育を通じて広まったといわれており、七夕の日に芋の葉の露ですった墨で短冊を書くと、習字が上達するとされていたようです。

皆さんがご存知の牽牛星と織女星にまつわる伝説は中国が発祥と言われています。

この二つの星は夫婦の星ですが、あまりに仲がよすぎて仕事を怠るようになったため、天の神が怒って二つの星を天の川を挟んで引き離しました。

そして、毎年7月7日だけに、天の川に羽根を広げるカササギに乗って川を渡り会うことを許されたという伝説はあまりにも有名ですね。

中国はこの伝説にちなんで、古くから7月7日の宴会が行われてきました。

日本には、7世紀末の持統天皇が初めてこの行事を取り入れたようです。

持統天皇は女帝であり、夫にあたる天武天皇を失い未亡人になっていたため、織女星に同情したためではないかとも言われています。

以来、貴族の間に、7月7日に星を眺めて宴会をおこなう習俗が広まりました。

星明りの中で針に糸を通すと、織女星の力で裁縫が上手になるとか、七夕の集まりで和歌を詠むと、歌の腕がよくなるとか言われていました。

一方、江戸時代の房総地方では、7月7日と9月9日は縁起が悪い日とされていました。

なぜかというと、館山藩主の里見忠義は、元和元年(1615年)9月9日に領地を奪われ、小田原の北条氏が豊臣秀吉の攻撃で滅亡したのが天正18年(1590年)7月7日であるから。

さて、七夕飾りの竹は、その夜のうちにはずして川や海に流すものとされているのをご存知ですか?

これは、お盆のはじまりの夜に、その日のお飾りを捨てた風習からきているようです。

もともと、7月7日は盆という大切な行事がはじまる際に、それまでの穢れを全て清めておく日でした。

7日のお供えは、穢れを祓ってもらう代価だったのです。

だから、人々の穢れを付された7日の飾りは速やかに海や川に流したということです。

|

« 放射線量について(7/6 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(7/7 12時過ぎ時点) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事