« 放射線量について(6/10 6時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(6/10 12:15頃時点) »

2011年6月10日 (金)

3断層の地震確率高まる=福島「双葉」、東京「立川」など

昨日(6月9日)、政府の地震調査委員会は、東日本大震災が全国106断層帯へ与える影響について分析を行い、その結果を公表しました。

それによると、以下の断層帯について、地震発生確率が従来の長期評価より高くなった可能性があるとのことです。

宮城・福島両県の「双葉断層」

埼玉県・東京都の「立川断層帯」

長野県の「牛伏寺(ごふくじ)断層」

これまでの長期評価によると、牛伏寺断層(長野県松本市・塩尻市、長さ約17キロ)で想定される地震の規模は、同断層を含む「糸魚川—静岡構造線断層帯」が動いた場合にマグニチュード(M)8程度と大きく、今後30年間の地震発生確率も14%と高い評価となっています。

立川断層帯(埼玉県飯能市から東京都府中市、約33キロ)はM7.4程度で今後30年間の地震発生確率は0.5〜2%、双葉断層(宮城県亘理町から福島県南相馬市、最長40キロ)はM6.8〜7.5程度で今後30年間の地震発生確率ほぼ0%でした。

具体的にどれぐらい地震が起きやすくなったかは分からないようですが、この断層帯付近にお住まいの方は、地震に対する備えを十分にしておいたほうがよさそうです。

|

« 放射線量について(6/10 6時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(6/10 12:15頃時点) »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事