« 8年前に福島第一原発の安全冷却システムが外されていた!? | トップページ | 放射線量について(6/7 18時過ぎ時点) »

2011年6月 7日 (火)

福島第一原発の核燃料、圧力容器貫通か?

政府が国際原子力機関(IAEA)に提出する報告書の全容が明らかになりました。

それによれば、破損した1〜3号機の原子炉圧力容器の底部から溶融した核燃料が漏れ出して、格納容器内に堆積している可能性に言及しています。

炉心溶融を「メルトダウン」と呼ぶのに対して、格納容器まで溶けた核燃料が落下する現象は「メルトスルー」(原子炉貫通)と呼ばれます。

これは、メルトダウンを上回る最悪の事象です。

これまで圧力容器底部で、制御棒の貫通部などが破損し、高濃度の放射性物質を含む汚染水が漏出したとしていましたが、政府が公式に「メルトスルー」の可能性を認めたのは初めてのことです。

また報告書は、原子力安全にかかわる行政組織が各省庁にまたがり、

「国民の安全を確保する責任の所在が不明確だった」

と指摘しており、体制を抜本的に見直す方針なども打ち出しています。

政府が運用する緊急時迅速放射能影響予測システム「SPEEDI」のデータ公表については、その公表が遅れ十分に活用されなかったと認め、

「今後は当初から公開する」

と明記しています。

|

« 8年前に福島第一原発の安全冷却システムが外されていた!? | トップページ | 放射線量について(6/7 18時過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事