« 放射線量について(6/5 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(6/5 18時過ぎ時点) »

2011年6月 5日 (日)

福島からの避難者ら4割が内部被曝

長崎大学病院(長崎市)は、3月14日から、福島県に派遣された大学や長崎県職員のほか被災地からの避難者を対象に、ホールボディーカウンター(全身測定装置)を使って体内放射能を検査しました。

その結果、約4割の人が内部被曝していることが分かりました。

原発作業員以外の内部被曝が明らかになるのは初めてのことです。

検査を受けた計87人を分析したところ、通常は検出されない放射性ヨウ素131を34人(39%)から、セシウム137を22人(25%)から検出したとのことです。

同大の研究グループは広島市中区で開かれる「原子爆弾後障害研究会」で報告することとしています。

ヨウ素は体重1キロ当たり平均8・2ベクレル、セシウムは同12・5ベクレルでした。

人間(成人)の体内には通常でも、放射性物質のカリウム40が50~70ベクレル存在することから、健康影響はないと考えられるといっていますが、確実に内部被曝が起こっていることがわかりました。

研究グループに参加した長崎大先導生命科学研究支援センターの松田尚樹教授は

「ヨウ素やセシウムの値は予想の範囲内だった。呼吸を通じて取り込んだものが大半ではないか」

と述べています。

4月以降に福島県内に入り、測定を受けた人の検出量はゼロに近づいているという。

松田教授は

「早期の内部被曝結果がデータとして現れた。原発との距離や方向、滞在時間などの行動パターンと合わせて解析することで、今後の研究に生かせるのではないか」

と話しています。

|

« 放射線量について(6/5 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(6/5 18時過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事