« 放射線量について(6/13 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(6/13 18時過ぎ時点) »

2011年6月13日 (月)

原発事故中間まとめ

中部大学の武田邦彦教授のブログで、福島第一原子力発電所事故の中間のまとめを掲載されております。

非常にわかりやすくまとめられておりますので、ここで引用紹介させていただきます。

-----ここから-----


「原発事故中間まとめ(5) 国民が背負ったベクレル」

福島原発から上空に漏れた放射性チリは、約70京ベクレル。

海に流れた方はハッキリしないが10京ベクレル程度と考えられる。

つまり、福島原発から環境へ漏れた量はおおよそ100京ベクレルだった。

この量を少し落ち着いて考えてみよう。

福島第一原発には1号機から4号機まであった。

1号機、2号機、3号機は運転中だったので、原子炉の中に合計6亥4000京ベクレル(亥は本当は土偏で、ガイと呼ぶ)、プールに1400京ベクレルの放射線量があり、4号機は原子炉の点検中で、原子炉の中はゼロ、プールが2100京ベクレルだった。

つまり、原子炉に6亥4000京、プールに3500京だから、合計6亥7500京ベクレルの放射線量があった。

この内、100京が漏れたのだから、全体の0.15%が漏れたに過ぎない。

もっとも、放射線量は運転が止まる(核分裂が止まる)と急激に少なくなるので、どこの時点をとるかで大きくことなる。

とにかく、ザッと言うと、福島原発が持っていた放射線量の1%未満が大気中にでたことになる。

・・・

まず100京ベクレルというのは、余りにとてつもない量なので、ピンと来ない。

まずは、これを「日本国民あたり」にしてみると、100京を1億2000万人で割るので、

「約80億ベクレル」

となる。

つまり国民一人あたり80億ベクレルというとてつもない量を、私たちはかぶり、これからの子供はそれを背負って生きていくことになる。

すまない!

・・・・・・

気を取り直して、少し考えてみよう。

私たちは水道水を1日、0.6リットル飲むが、料理や歯磨きなどを合わせると2リットルになる。

水道水の汚染の基準はWHO(世界保健機構)が、1リットル1ベクレルと決めているので、おおよそ1日1ベクレルということだ。

そうすると80億ベクレルというのは、80億日分になる。

人生80年とすると、人の一生は約3万日だから、その30万倍というとてつもない数字になる。

・・・

原発の事故がいつもこんな大変なことになるという訳ではない。

たとえば、新潟沖地震で壊れた柏崎原発では、3億ベクレルが漏れた。

ずいぶん多いようだけれど、3億ベクレルを1億人で割ると、

「一人3ベクレル」

になる。

放射性チリが水道に入っても、3日間、我慢したらそれで終わりになる。

今度の福島原発のすごさが判ると思う。

・・・・・・

さて、このことが判ると、「福島原発から出た放射性チリをいくら薄めても、将来の子供達が被曝する」ということがわかる。

たとえば、福島の瓦礫を日本中に移動したり、ホウレンソウを基準以下だと言って生協が運搬したり、乳牛を北海道に移動すると、

「人間の手で放射性チリを全国にばらまく」

ことになり、しかも日本人一人あたりの量がとんでもなく多いので、永久に日本列島が汚れてしまう。

さらに、秋になって台風が来て強い風が吹くと、放射性チリの多いところから、また全国にばらまかれる。

量が少ないときはこんな問題は起こらないが、多いときはかくのごとく違うのだ。

そこで、本来なら政府が、このことを国民に知らせて、ハッキリとした対策をとるべきであった。

1)放射性チリは100京ベクレルほど出てしまった、

2)これは国民一人あたり80億ベクレルにもなる、

3)薄めても危険な状態になり、日本列島が全部、汚染される、

4)だから、福島のものを他県に絶対に出してはいけない、

5)東京など周辺の地域もできるだけ早くチリを集めなければならない、

6)国家が福島を除染して、原発近くにチリや土壌を移動し、そこで処理を急がなければならない、

7)半減期が30年ということを考えると、早くやらないと100年、禍根を残す、

ということなのだ。

「梅雨までに」と言ってきたが、すでに梅雨に入った。

かくなる上は強い風の吹く台風までに除染しないと、南風で宮城が、北風で静岡が、東の風で新潟や秋田まで汚染が拡がる。

・・・

日本人一人あたり80億ベクレルをできるだけ小さくすること、それが今の大人が次世代の子供達にしてあげなければならない最大の義務だろう。

放射性チリで汚れた日本列島では「環境を良くする」などと言うことは全く出来ないからだ。

一刻も早く、事実を直視して、目を覚ましてもらいたいのだが。

-----ここまで-----

|

« 放射線量について(6/13 12時過ぎ時点) | トップページ | 放射線量について(6/13 18時過ぎ時点) »

原発・放射能」カテゴリの記事