« 世界保健機構 携帯電話に脳腫瘍のリスク | トップページ | 放射線量について(6/1 12時過ぎ時点) »

2011年6月 1日 (水)

東京都 地上1メートルでも測定開始

東京都は大気中の放射線量について、これまでの地上18メートル地点での測定に加えて、1メートルの高さでも測定を始めました。

住民から

「実際の生活圏での放射線量を知りたい」

などという要望や問い合わせが相次いだことを受けての措置とのこと。

事故後、2ヶ月以上たってようやく重い腰を上げてくれました。

ちなみに31日午前10時の測定結果は、地上1メートルの測定値は、18メートルでの測定値とほぼ同じ約0.06マイクロシーベルト/時でした。

東京都内ではさらにきめ細かい測定をするため、測定を順次開始していく動きがあるとのことです。

足立区では既に測定・公表していますが、板橋区でも6月中には測定を開始する予定、世田谷区でも検討中とのことです。

日本共産党都議団の調査では、都内各地で高めの数値が出ているところがあります。

少なくとも、都内全区市町村での測定を実施して欲しいと思います。

東京都以外では、群馬県太田市が5月上旬と中旬に市立小学校と幼稚園で校庭での放射線量を計測して公表していますし、千葉県松戸市も独自の測定を始めたようです。

また、埼玉県は7月から県内約百カ所の小学校や幼稚園で地表面の放射線測定を行う準備を進めているとのことです。

「モニタリングポストから離れているため、地元の数値はどうなのか不安」

という住民も少なくないと思いますので、地方自治体は、きめ細かい測定体制を是非構築して欲しいと思います。

|

« 世界保健機構 携帯電話に脳腫瘍のリスク | トップページ | 放射線量について(6/1 12時過ぎ時点) »

ニュース」カテゴリの記事

原発・放射能」カテゴリの記事